TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【イベントリポート】

FCC FORUM 2021

タナベ経営主催「ファーストコールカンパニーフォーラム2021~DX価値を実装する~」(2021年6~8月、オンデマンド開催)の講演録。デジタルを軸に、サービスやビジネスモデル、業務プロセス、組織風土を変革し、競争優位性を発揮する要諦を提言します。
イベントリポート2021.10.01

生産管理から調達・購買までサプライチェーンのDXを推進するシステムを提供
エクス


2021年10月号

 

 

製造業のDXをサポート

 

タナベ経営・土井(以降、土井) エクスの会社概要をお聞かせください。

 

 当社は製造業向けの生産管理システム、EDI(電子データ交換)、RPA(事業プロセス自動化技術)などを手掛けるソリューションベンダーです。これからの時代を「企業間のつながり方が企業価値を決める時代」と定義し、経済産業省が推奨する中小企業共通EDIなどをリリースしてサプライチェーンのDXによる全体最適化のサービスを提供。主力製品の生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」は国内シェアNo.2を誇り、海外でも幾多の販売実績を有します。

 

また、製造業向けのソリューションライブラリー「EXfeel(エクスフィール)」において、当社が厳選したサービスでIoTとサプライチェーンを連動させる仕組みなどを提案。2017年には中小企業庁の『次世代企業間データ連携調査事業』に採択されました。

 

土井 製造業の現場に詳しいソリューションベンダーから見た、企業がDXに取り組むべき理由についてお聞かせいただけますか。

 

 日本のDXのレベルは「世界トップから3周遅れ」と言われるほど立ち遅れています。そんな日本で2018年に発表された経済産業省の「DXレポート」は、産業界に激烈なショックを与えました。このままレガシーなシステムを使い続けると、2025年以降は毎年12兆円の経済損失が見込まれるという「2025年の崖」が提示されたのです。2025年までにITシステムを刷新してDXを推進しなければ、競争力が急落して企業の存続が危ぶまれる状態に陥ってしまいます。DXに取り組む必要性はここにあります。

 

次の課題を持った企業は今すぐDXに取り組むべきです。

 

❶経営トップがDXの必要性を本質的に理解できない企業…このような企業は、経営者の意識改革がDXの第一歩になります。

 

❷企業の強みがアナログな技術・仕組みにある企業…DXやインダストリー4.0が普及する中で「もののサービス化」が進むので、強みとなる技術や仕組みをいち早くデジタル化する必要があります。

 

❸“系列”という取引先の垂直統合に依存している企業…従来の縦方向での連携だけでなく、DXを活用した横方向のパートナー検索に基づく水平展開が必要になります。

 

 

※情報システムの構築を通じて経営課題の解決を支援する事業者

 

 

 

1 2 3
FCC FORUM 2021一覧へイベントリポート一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo