TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【イベントリポート】

FCC FORUM 2021

タナベ経営主催「ファーストコールカンパニーフォーラム2021~DX価値を実装する~」(2021年6~8月、オンデマンド開催)の講演録。デジタルを軸に、サービスやビジネスモデル、業務プロセス、組織風土を変革し、競争優位性を発揮する要諦を提言します。
イベントリポート2021.10.01

スマートファクトリー化を実現する製造業のDX
旭鉄工/i Smart Technologies


2021年10月号

 

 

独自のIoTシステムによる“カイゼン”を支援

 

タナベ経営・近藤(以降、近藤) 旭鉄工はトヨタ自動車の一次サプライヤーとなる自動車部品メーカーで、エンジン、ミッション、シャーシ、ボディーなど幅広い品目を製造しています。木村社長のご経歴、i Smart Technologies(iSTC)の設立経緯とそのビジネスモデルについてお聞かせください。

 

木村 私はトヨタ自動車に21年間勤務し、最後の3年間は生産調査部でトヨタ生産方式の実践経験を積んだ後、当社に転籍。競争力強化を目指してパソコン端末で生産機械を管理するIoTシステム「iXacs(アイザックス)」を構築し、そのデータに基づいて会社を挙げた徹底的な改善活動に取り組んだ結果、かなり大きな成果を出すことができました。

 

そして、このシステムを他社に展開するiSTCを旭鉄工内に設立し、システム提供からデータ分析、社員への講演・教育、改善コンサルティングに至る幅広い業務を展開しています。

 

現在、iXacsは80社に導入されて約600ラインのデータをリアルタイムで収集しており、改善コンサルティングの実績は100社以上に達します。また、改善の現場を開示する有料工場見学も実施し、コロナ禍前の2019年は世界中から900名が来社しました。最近は工場見学や教育講座、コンサルティングなどのサービスをウェブで提供しています。

 

 

 

1 2 3
FCC FORUM 2021一覧へイベントリポート一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo