TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。

視察リポート

タナベコンサルティンググループが行った視察(展示会、フォーラム、海外企業など)をリポートします。
2018.01.31

シリコンバレーで学ぶ
ビジネスモデルイノベーションの流儀
-米国視察リポート 第2回-


2018年2月号
 

前回(2018年1月号)に続き、タナベ経営「ビジネスモデルイノベーション研究会」が実施した「シリコンバレー&サンフランシスコ視察ツアー」の模様をリポートする。
2回目の今回は、シリコンバレー興隆の一翼を担うスタンフォード大学での講演と、スタートアップ育成会社、およびベンチャー企業の視察内容をダイジェストで紹介。

 
世界最高クラスの教育機関
スタンフォード大学

 
シリコンバレーには、スタンフォード大学を筆頭にカーネギーメロン大学、サンノゼ州立大学、サンタクララ大学などが集積。また、近隣にも、カリフォルニア大学、カリフォルニア州立大学などが立地し、シリコンバレーの研究機関として機能している。
 
この中心を担うのがスタンフォード大学だ。英国の高等教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』が発表した「世界大学ランキング2018」(2017年9月)によると、同大学は英国オックスフォード大学とケンブリッジ大学に次ぐ世界3位タイである。(【図表】)
 
これまでに、ヒューレット・パッカード共同創始者のウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカード、グーグル共同創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンなど、イノベーターが在籍したことで知られる。また、アップル創業者スティーブ・ジョブズの“伝説のスピーチ”(「ハングリーであれ、愚か者であれ」)が同大学の卒業式で行われたのは有名である。同大学には、新しいことへのチャレンジ精神に満ちた学風があり、学生は大企業に就職するより起業の道を志す傾向にある。

 
201802_sanfrancisco_04
 
 

1 2 3 4
視察リポート一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo