TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

トップメッセージ

タナベコンサルティンググループ、タナベ経営の社長・若松が、現在の経営環境を踏まえ、企業の経営戦略に関する提言や今後の展望を発信します。
コラム2018.08.31

“まるごとイノベーション”を目指して「あたらしい」を生み出そう:若松 孝彦

タナベ経営が提唱している「ファーストコールカンパニー宣言」の一つである「顧客価値のあくなき追求」。「モノ余りでコト不足の時代」にますます専門化していく顧客価値へどのように対応すべきなのか。

 

201809_topmsg_01

 

本物以上に「本質」を追求する

 

私たちは今の時代を「モノ余りでコト不足の時代」と認識して提言し続けてきました。供給過剰な「モノ」ではなく、供給不足な「コト(価値)」にフォーカスして、そこへ戦略投資をしよう、という意味です。

 

課題先進国と呼ばれる日本企業の事業戦略は、本物以上に「本質」を追求すべきなのです。「事業」は、「事(こと)」の「業(わざ)」と書きます。日本語はよくできています。事業とはコトなのです。特に日本国内では、事業の「本質」を追求できた会社が「成長」し、追求できない会社、追求が浅いままの会社は「衰退」します。

 

会社を変身させるには、「顧客への提供価値」である強みを追求しながら「経営理念以外は全て変える」気概が必要です。それは同時に、経営理念の本質以外はやらない、ということも意味します。結果、顧客価値の転換に合わせて、会社を「まるごとリフォーム」「まるごとリノベーション」して、「あたらしい会社」を生み出すことになるのです。

 

皆さんの会社はどうでしょうか。「事業セグメンテーション」や「新規事業」「M&A」「組織名称や再編」「会社ホームページ」など、この3年で何を変え、何が変わりましたか。あたらしい価値は加わりましたか。

 

なぜ、“まるごとイノベーション”なのか

 

『日本経済新聞』でも取り上げていましたが、流通業のモデル企業であるイトーヨーカ堂の直営部門の売上高が、ある会社に逆転されることが確実になりました。それは「ドン・キホーテ」です。年商は両社とも約8000億円なのですが、2桁成長のドン・キホーテが逆転するそうです。

 

流通業の価値観からすれば、ドン・キホーテの戦略(圧縮陳列)は業界の非常識です。しかも、顧客ターゲットは、人口減少の「若者」。流通業界の常識がすでに変わっているということです。そう考えると、どちらの方が流通の常識だったのか、と疑いたくなります。

 

ポスト2020における経済変化の本質は「価値の転換」です。これはあらゆる業界で起こる可能性があります。競争環境が激変しているのです。例えば、「銀行 VS アマゾン(流通)」「自動車 VS Google(自動運転)」「ホテル VS Airbnb(エアビーアンドビー)」といった、これまで考えられなかった同業ではない分野からのライバルが次々と出現しています。いつも言い続けてきたことではありますが、「同業種」「うちの業界」発想からは真の戦略が出なくなっているということなのです。

 

繰り返しますが、「事業」という字は「事(こと)」の「業(わざ)」と書くのです。

 

事業の本質を求めることができる経営理念をいくつか紹介しましょう。

創業者であるフィル・ナイトの自伝『シュードッグ』(東洋経済新報社)が話題になった「ナイキ」のミッションです。

「To bring inspiration and innovation to every athlete in the world.」
(世界中の全てのアスリートにインスピレーションとイノベーションをもたらすこと)

 

またキッコーマングループの経営理念は、次の通りです。

1.「消費者本位」を基本理念とする

2.食文化の国際交流をすすめる

3.地球社会にとって存在意義のある企業をめざす

 

カルビーグループの企業理念は、

「私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。」

 

顧客価値のあくなき追求は、顧客の未来を変えるほどの「あたらしい価値」を生み出します。そのために、事業の出発点でもある経営理念すら、いま一度、翻訳し直す必要があるのです。その翻訳過程で、事業そのものを見直し、あたらしい価値を付け加えてみてください。いつの時代も「戦略」は「理念」に従うのです。

1 2 3
Profile
若松孝彦Takahiko Wakamatsu
タナベ経営のトップとしてその使命を追求しながら、経営コンサルタントとして指導してきた会社は、業種を問わず上場企業から中小企業まで約1000社に及ぶ。独自の経営理論で全国のファーストコールカンパニーはもちろん金融機関からも多くの支持を得ている。関西学院大学大学院(経営学修士)修了。1989年タナベ経営入社、2009年より専務取締役コンサルティング統轄本部長、副社長を経て現職。『100年経営』『戦略をつくる力』『甦る経営』(共にダイヤモンド社)ほか著書多数。
トップメッセージ一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo