TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

タナベ語録

タナベコンサルティンググループの経営コンサルティングの基盤となっている考え方を、各テーマに沿って紹介します。
コラム2022.04.20

Vol.15 “プロ役員”の条件

「未来の業績に責任を持つ」のは誰か

 

未来の業績は、人材活躍、ビジネスモデル、イノベーションの掛け合わせで決まります(未来の業績=人材活躍×ビジネスモデル×イノベーション)。その「未来の業績に責任を持つ」のが、プロ役員です。
プロ役員に選ばれる条件として、①過去の実績、②勤勉、③誠実、④権限を乱用しない、⑤報告グセがある、⑥口が堅い、⑦健康、⑧セルフマネジメントができる、⑨役員の素養(事業センス・経営センス・リーダー力)がある、の9つがあります。
プロ役員の業務には、①経営理念に基づいた全社ビジョン構築への参画とトップの補佐、②担当部門のビジョン構築と方針・計画策定、③全社組織編成への参画と担当部門の組織編成(適材適所)、④部門間の調整と戦略推進、⑤部門長の部門運営サポート(業績対策、組織活性化、人事考課、人材育成など)、⑥部門長に対する評価と指導、⑦リスクマネジメントの実践(全社、部門)があります。

 

プロ役員に必要な能力

 

経営者には2つのタイプがあるといわれています。固有技術を生かして新たなマーケットを開拓し、事業を興すことが得意な事業家タイプと、管理技術、財務技術、人材をうまく使い企業を優良企業に育て上げることが得意な経営者タイプの2つです。
例えば、本田技研工業(以降、ホンダ)の創業者・本田宗一郎氏、ソニーグループ(以降、ソニー)の創業者・井深大氏などはまさに事業家タイプの典型でしょう。事業家タイプのトップの才能により事業が成長しても、企業経営は安定しません。
優良企業に成長させた創業者には、必ず補佐役としての名経営者がついていました。本田宗一郎氏には藤沢武夫氏という補佐役としてついていたからこそ、「世界のホンダ」と呼ばれるまでに成長しました。同様に、井深氏にも盛田昭夫氏が補佐役としてついていたからこそ、ソニーが世界的企業にまで発展したと言えるでしょう。
プロ役員に必要な能力は、経営者のタイプによって異なります。自社のトップが事業家タイプなのか、経営者タイプなのかをしっかり見定め、トップを補佐すべく自分の強みを生かし、役員の責務に取り組むことが大切です。

 

「いい社風」は役員がつくる

 

役員の究極の仕事は「良い社風」をつくることです。社風とは「土壌」であり、良い土壌が「良い木」を実らせます。
タナベ経営は「Step to Success(成功への階段―STSプログラム)」という手法を提唱しています。社風づくりという長い時間の軸で考えたとき、STSを踏まえ、戦略や経営行動を積み重ねていかなければなりません。

 

1 2 3
タナベ語録一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo