TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

タナベ語録

タナベコンサルティンググループの経営コンサルティングの基盤となっている考え方を、各テーマに沿って紹介します。
コラム2022.04.01

Vol.14 知っておきたい リーダーの時間管理術

 

 

重要な仕事に時間を使うべき

 

これまで見てきた通り、生産性=投入量(インプット)に対する産出量(アウトプット)の比です。投入する経営資源(ヒト・モノ・カネ・時間・情報など)のうち、ここでは「時間」に絞って考えます。

 

 

 

 

次の図は、『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著、キングベアー出版)に紹介されている「時間管理のマトリクス」です。

 

時間生産性で見る場合、総労働時間に対する成果を生産性として捉えることができ、1時間当たりの付加価値をいかに高めていくかが重要となります。

 

 

 

 

総労働時間は、付加価値労働時間、その付加価値を生み出す準備時間、そのいずれでもない間接業務(事務作業や移動時間、待機時間など)に分けることができます。

 

間接業務は付加価値を生まない作業であるため、捨てるか、アウトソースするか、効率化していくしかありません。

 

大切なことは、重要度が高く付加価値を生み出す仕事の時間をしっかり確保し、重要度の低い仕事をスピーディーにさばくことです。

 

リーダーには、「重要な仕事」と「ムダな仕事」を明確に区分する能力が必要です。そうでないと、全ての仕事が重要になり、バタバタとしているうちに燃えつきてしまうことになりかねません。

 

最大の敵は「ムダな急ぎの仕事」です。余裕を持って仕事に取り組むためには、前もって段取りを組むことと、重要でない仕事を効率化することが必要です。

 

 

 

1 2 3
タナベ語録一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo