TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

タナベ語録

タナベコンサルティンググループの経営コンサルティングの基盤となっている考え方を、各テーマに沿って紹介します。
コラム2022.03.15

Vol.13 利益を最大化する「プロフィットマネジメント」

 

 

業務改善のポイントを指標で押さえる

 

損益計算書は日常の活動の成果を表すものであり、これをベースに算定される指標を「成果指標(=KGI:Key Goal Indicator)」といいます。

 

成果指標は成果を評価するモノサシですが、現場を改善していくためには、さらに掘り下げ、成果に至るプロセスを定量的に測定することが重要です。それらを指標化したものを「プロセス指標」と呼びます。

 

プロセス指標を用いて日々の活動を目的・目標に照らして有機的に管理し、成果指標である損益や生産性の改善につなげていくことが、現場マネジメントの重要なテーマとなります。

 

 

 

 

プロセス指標は、現場のアクションプラン(行動計画)の定量面を捉えて指標化するものです。優れた指標は、それだけで自ずと対策行動を表現しており、プロセス指標同士で因果関係を形成することもあります。本質まで掘り下げた指標設定が、現場改善の鍵を握ります。

 

 

KPIは業務プロセスから導く

 

業績を改善・向上させる重点指標のことを、KPI(Key Performance Indicator=重要経営指標)と呼びます。KPIを設定して重点管理していくことで、効率的な業務改善が達成されます。

 

 

 

 

業績改善のためには、業務プロセスのボトルネック工程や、円滑な流れを阻害する要素を解消するのが早道です。

 

KPIを設定したら、目標と実績の差額管理を行い、差額に対する対策行動をアクションプランとして具体的に落とし込むことが重要です。数字を出すことが目的化しないよう、数字だけでなく、行動自体も管理対象として追いかけることが欠かせません。

 

 

 

1 2 3 4 5
タナベ語録一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo