TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

タナベ語録

タナベコンサルティンググループの経営コンサルティングの基盤となっている考え方を、各テーマに沿って紹介します。
コラム2021.09.13

Vol.05 ビジョン浸透のための全社戦略②

 

 

インナーブランディング活動を通じ、理念やビジョンと向き合う

 

「顧客から選ばれ続ける会社」として持続的成長を目指すためには、まず全社員に「何ができる会社かを理解してもらうこと」が重要です。そして、それをインナーブランディング活動として仕組み化し、発信し続ける必要があります。

 

そのメソッドとして「VM-ABC」(VM=ビジョン・マネジメント)があります。VM-ABCは、大きく3つのメソッド(方法)から構成されます。

 

「VM-A」(ビジョン・マネジメント・アクティブ)では、ビジョン実現の要となる戦略KPIを毎月全社へ配信し、全社員で共有します。また、毎月の会議で戦略KPI実現の討議の場を持つことで、ビジョンに対する進捗を共有します。

 

「VM-B」(ビジョン・マネジメント・ブック)は、ビジョン推進の基本書。全社員が必携し、「向かうべき未来」を常に共有します。

 

「VM-C」(ビジョン・マネジメント・コミュニケーション)は、「自社は何ができる会社か」を部署の壁を越えて理解してもらうためのツールです。

 

特に事業が複数存在する場合、他事業のことをよく知らなかったり、社員規模が大きくなると自社の強みや特徴が共有できていなかったりする場合があります。そこで“見える化”することで、全社員が顧客に向かうチームにしていきます。

 

 

 

 

 

チームビルディングの必要性

 

部門を超えたプロジェクトやチーム活動、マトリクス型組織など、組織デザインや運営の高度化が進んでいます。そうした中で、いかにミッションを推進し、成果を発揮できるかが求められます。

 

全員が同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸となって進んでいくための効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法を「チームビルディング」といいます。

 

さらに言えば、「全員が主体的に自分らしさ、多様性を発揮しつつ、相互に関わりながら一丸となって共通のゴールを達成しようと創意工夫し、チャレンジすること。また、そうした組織づくりの取り組み全般」がチームビルディングです。企業ミッションを推進する戦略型組織には、チームビルディングの技術が必要不可欠となっています。

 

 

 

1 2 3
タナベ語録一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo