TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

メンタルアップコミュニケーション 人が辞めない職場づくり

日本メンタルアップ支援機構代表理事の大野萌子氏による連載。職場におけるコミュニケーションの注意点や、ストレスマネジメントの方法など、健やかに毎日を過ごすヒントを紹介しています。
コラム2019.09.30

Vol.2 リーダーに必要なセルフケア

201910_slide_onomoeko
2019年10月号

疲れに気付けなくなる前に

部下のワークライフバランスに配慮したり、「働き方改革」を推奨したりしているリーダー自身が、それらと相反する生活を送っていることは少なくありません。今回は、セルフケアについてお伝えしていきます。

リーダーには、細部にわたり業務全体を把握することが求められます。時間は有限ですので、効率よく取り組むためには、体はもとより頭もフル回転させなければならないでしょう。また、何かを決定したり、新たな関係性を築いたり、情報を収集したりするときには、常に緊張が伴います。緊張状態が長く続くと弛緩が難しくなり、疲れをため込みやすくなります。

常にフル回転で仕事をしていると疲労に気付きにくくなり、心身の疲労が知らないうちにたまっていくとケアをすることさえも忘れ、いつしかメンタルや体に異常が出てくるのです。

心も体も、調子が良いときもあれば、悪いときもあります。だからこそ、無理のない働き方を心掛けていく必要があります。この先ずっと健康に仕事をしていくためにも、心身の健康に目を向けて、自身に合う働き方を見つけることが大切です。

下記チェック表に、皆さんはいくつ当てはまるでしょうか。一つでも当てはまれば、ストレスがたまり始めているサインです。ストレスは、体温や血圧のように数値化することができません。明確な自覚を促す手段がないため、見逃してしまう傾向にあります。これらの項目を参考にチェックしてみてください。そして、当てはまる項目があれば、積極的にストレスケアを取り入れてみましょう。

六つのストレスサイン
201910_mentalup_01

1 2 3
メンタルアップコミュニケーション 人が辞めない職場づくり一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo