TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

メンタルアップコミュニケーション 人が辞めない職場づくり

日本メンタルアップ支援機構代表理事の大野萌子氏による連載。職場におけるコミュニケーションの注意点や、ストレスマネジメントの方法など、健やかに毎日を過ごすヒントを紹介しています。
コラム2019.08.30

Vol.1 リーダーに必要な自分と向き合う時間

201909_slide_onomoeko
2019年9月号

職場環境イコール人間関係

職場の悩みに関わり18年になりますが、企業内のカウンセリング、人事相談、研修内容の打ち合わせをしている中で、最も多い相談が「職場の人間関係に関すること」です。それは、最初の時点では表面化しないことも多く「体調が悪い」「仕事が向かない」「モチベーションが上がらない」「仕事量が多すぎてつらい」など、自分自身に関する心身の不調を訴えるケースや、「勤怠や態度の悪い職員がいる」という周囲の人に関する相談から始まります。そして、話を聞いていくと「上司や職場の人への不満や憤り」に行き着きます。私の経験上、心身の不調と仕事に対するモチベーション低下要因の9割が、この「職場における身近な人間関係」です。

内容としては、「大変な状況にもかかわらず上司に分かってもらえない」「つらく当たられる」など、関係性の中で起こってくるものだったり、「相談する相手がいない」「職場に自分の居場所がない」など、関係性そのものを築けないケースだったり、さまざまです。いずれも、職場環境イコール人間関係であることに違いはなく、コミュニケーションの在り方についての認識や改善が求められます。

ただ、実際にはさらなる問題があります。本人と周囲の感じ方にはギャップがあり「職場には何ら問題がない」と答えるリーダー(経営者や管理者)は多いのです。大きな問題が起こらない限り、見て見ぬふりをするというのは得策ではありません。なぜなら、実際に休職者や退職者、転職希望者に話を聞くと、建前上は業務の負荷、体調や家族を問題としていますが、本音は身近な人間(特に上司)との関係性が大きく影響しているからです。

よって、「多少、人間関係がスムーズにいっていなくても、本人が仕事をきちんとこなしていればよい」などと考え問題を放置すると、じわじわと土台から崩れていく原因になります。勤怠の良くない社員を抱えているだけでも職場の士気は下がりますし、休職者を1名出せば、フォローするための人件費がかかります。さらに、退職者を出せば、募集・採用・教育と多大な費用と時間を負担することになります。

ますます人材確保が難しくなっていく中、職場環境を良好に保ち、生産性を上げ、離職率を減らすには、職場における日々のコミュニケーションの質を向上させるのが重要です。数字で表すことが難しく、ある意味つかみどころのない、「関わり方」の質を上げていく具体的な方法を、本連載では12回にわたってお伝えしていきたいと思います。

1 2 3 4
メンタルアップコミュニケーション 人が辞めない職場づくり一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo