TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平

ミラノ在住のビジネスプランナー安西洋之氏による連載。テクノロジーだけではなく、歴史や文学、地理、哲学、倫理が主導する21世紀の「新しいラグジュアリー」について考察しています。
コラム2021.10.01

Vol.24〈最終回〉 これからのラグジュアリーの鍵とは


2021年10月号

 

 

新しいラグジュアリーを探る連載を2年間続けてきてたどり着いたのは「サステナビリティー」の重要性だ。これからのラグジュアリーの鍵を握るのは「自然環境」と「人権」の両方を含めたサステナビリティーである。

 

 

2年間の連載で見えてきたこと

 

2年間続いた本連載は今号が最終回だ。本連載の前の連載である『Made in Italyの経営戦略~存在感ある中堅・中小企業の深層~』を元ネタに、書籍『「メイド・イン・イタリー」はなぜ強いのか?世界を魅了する〈意味〉の戦略的デザイン』(晶文社)を発行したが、本連載も2022年春の書籍化に向けて準備中である。発行した暁には、ぜひ手に取っていただきたい。

 

この2年について少し振り返りたい。本連載を始めるに当たって、全体の構想を考えた時は、まだ連載の終着点が見えていなかった。しかし、少なくとも連載5回分くらいの内容は頭の中にあり、このような企業に取材をしたい、あのような人の話を聞いてみたいと考えを巡らせた。

 

1回目の原稿を書いたのは2019年8月である。実際に書き始めると、最初の構想に足りない部分が見えてきて、取材候補先はどんどん増えていった。2020年1月ごろには、今後取材したい対象について具体的にリストアップをし、取材の打診を始めた。

 

ところが、私の住むイタリアでは2020年2月後半から新型コロナウイルスのパンデミックの兆候が見え始め、3月に入ると一挙に都市が封鎖されてしまった。国内外ともに容易に訪問取材することができなくなり、ビデオ会議やメールでインタビューを行わざるを得なくなった。

 

そのような方法で行うインタビューは、実物に触れながらオフィスや生産現場で話すインタビューに比べると情報量が少ない。また、事前に質問を提示することが多いので、「そういえば……」といった、やりとりの中で自然と生まれる「寄り道」をしにくい。相手の回答の全体像を把握するのに少々手間取ったのをよく覚えている。

 

それでも、インド、英国、米国とさまざまな地域の人に取材を続け、今回紹介するハンガリーの企業にも話を聞いた。その結果、この2年間の軌跡の行き着いた先は十分に意味のあるものであると確信した。

 

 

 

1 2 3 4
21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo