TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平

ミラノ在住のビジネスプランナー安西洋之氏による連載。テクノロジーだけではなく、歴史や文学、地理、哲学、倫理が主導する21世紀の「新しいラグジュアリー」について考察しています。
コラム2021.07.01

Vol.21 数値化しにくい領域の価値を探る大切さ


2021年7月号

 

 

ビジネスにおいて、数値化しにくい事柄は疎まれたり、距離を取られたりする。確かに数値化できる事柄は相手に説明しやすく、処理するにも扱いやすいが、数字は対象の一部しか表していないことを忘れてはならない。

 

 

ビジネスは数値化しにくい領域に手を焼いている

 

ビジネスの世界でマーケティングという言葉は頻繁に使われる。しかし、それぞれが違ったレベルで話し、趣旨が噛み合っていないことも多い。例えば、マーケティングを「売るための手練手管である」とか「顧客のニーズを探ることである」と大きな声で話す人がいる一方で、「企業と消費者が互いに手を携えて何かを新しく生み出すことだ」と強調する人もいる。

 

実際のところ、それらは全て正しい。適用するタイミングと場がそれぞれに問われているのだ。

 

さて、マーケティングに限らず、およそ数値化できるセオリーは誰もが納得しやすい。他方、数値化しにくいがテーマとして重要な領域を、数値化できることとどう共存させるか。これはビジネスの課題である。さらに言うと、そもそも数値以外の領域を支持する人は少ない。

 

数値以外の領域を間違っていると思って支持しないのではない。正しいのだろうと思いながらも、手法が不明解で、結果も可視化されにくいから腰が引けるのだ。ある程度時間を経て「やっぱり、あの方向で良かったのだね」と評価される可能性があると薄々感じていても、どうしても後回しになる。

 

今回は、服飾史家の中野香織氏と私が主宰する、新しいラグジュアリーの意味を探る研究会のメンバーである本條晴一郎氏を紹介したい。本條氏は静岡大学学術院工学領域事業開発マネジメント系列の准教授である。専門はマーケティング、製品開発、消費者行動論だ。物理学と経営学の両方で博士号を持っている。彼は数値の世界を熟知するからこそ、数値化しにくい領域の研究に軸足を置いている。また、両方を相手にする時には公平な態度を取る。

 

2021年3月、研究会において「ガンディー研究から見るラグジュアリー」と題する内容を発表していただいた。本條氏は数理科学の世界から経営学に移る間に、脱植民地化の研究をしていた。脱植民地化はコミュニケーションの極端な形であり、研究対象として有用だという。今回はその発表の一部と、別の機会に本條氏へインタビューした内容を紹介したい。

 

新しいラグジュアリーが新しい時代をつくる基礎的なコンセプトになるであろうことが予見されるはずだ。

 

 

静岡大学 学術院工学領域 事業開発マネジメント系列工学部(大学院 総合科学技術研究科 工学専攻)准教授 本條 晴一郎 氏

 

 

 

1 2 3 4
21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo