TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平

ミラノ在住のビジネスプランナー安西洋之氏による連載。テクノロジーだけではなく、歴史や文学、地理、哲学、倫理が主導する21世紀の「新しいラグジュアリー」について考察しています。
コラム2020.10.30

Vol.13 インドにおけるラグジュアリーマネジメント教育


2020年11月号

 

 

前回(2020年10月号)で少し触れたように、ラグジュアリーマネジメントの体系と手法は、欧州文化に基づいた欧州発グローバルブランドだけに適用されるものではない。どこの国でも応用できるはずだ。今回は、インド・ムンバイにある大学でのラグジュアリー領域の教育プログラムを紹介しよう。

 

 

インドで学ぶラグジュアリーマネジメント

 

本連載では、これまで欧州の大学におけるラグジュアリーマネジメント教育について書いてきた。今回は新興国の大学におけるラグジュアリーマネジメント教育について書きたい。欧州グローバルブランドの販売ターゲット市場となっている新興国側の視点や実態を把握しておくのは有益だ。

 

インド人が設立した私立大学「SPジャイン・スクール・オブ・グローバル・マネジメント」はオーストラリアのシドニーを本拠地とし、ドバイ、シンガポール、インドのムンバイにもキャンパスを置く経済・経営学を中心にしたビジネススクールである。学生は在学中に複数の国のキャンパスで学ぶことができる。大学の歴史は浅いものの、MBA(経営学修士)の国際的評価が高い。

 

今回は同大学ラグジュアリーマネジメントコースのディレクターであるスミタ・ジェイン氏にインタビューした。ジェイン氏自身はテキスタイルの貿易ビジネスに携わる父親の元で育ち、シンガポールでファッションを勉強。フランスのパリでMBAを取り、ポルトガルのリスボンでラグジュアリーマネジメントの博士号を取得した。

 

ジェイン氏によれば、インドの国内市場でラグジュアリーとして評価されるローカル発のブランドや商材は、すでにそれなりにあるそうだ。特にジュエリーや食の分野において顕著だという。ただし、国外にまでは広がっていない。

 

同大学におけるラグジュアリーマネジメントの学習プログラムは2タイプある。一つはオフラインで行う1年コース。もう一つはオンラインだけの短期コースだ。オンラインコースの期間は3週間で、2020年夏に初めて開講した。

 

オフラインは1年間の修士コースだ。正式名称は「グローバル・ラグジュアリー商品・サービスマネジメント」で、2016年に開講した。

 

8カ月間はムンバイで学び、残りの4カ月間をミラノで過ごす。ミラノ工科大学ビジネススクール(以降、MIP)と提携しており、イタリアの大学制度に基づいた資格を得られるようになっている。

 

 

 

1 2 3 4
21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo