TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平

ミラノ在住のビジネスプランナー安西洋之氏による連載。テクノロジーだけではなく、歴史や文学、地理、哲学、倫理が主導する21世紀の「新しいラグジュアリー」について考察しています。
コラム2020.08.19

Vol.11 これからラグジュアリーに求められるもの


2020年9月号

 

 

私が主催している勉強会がある。「新しいラグジュアリー」を研究することが目的だ。そこでのトピックや考察、ディスカッションを通して気付いたことを今回はお伝えしたい。

 

 

新しい文化をつくる担い手

 

ラグジュアリーの新しい方向を探るため、オンライン勉強会を始めた。日本で注目されている実業家やメディア従事者、あるいは研究者などおよそ10名が参加している。現状を冷静に眺め、先を読む感度に鋭く、自分で論を張れる方々に限定して、私から声を掛けたクローズドな集まりだ。

 

共同主催者としてお願いした服飾史研究家の中野香織氏は、ファッションを中心とするラグジュアリーに造詣が深く、しかも日本のメディアと情報の受け手側の「ラグジュアリー観」をよくご存じだ。私の不得意なところを補っていただいている。

 

2020年7月現在、まだ2回実施しただけだが、議論が白熱したことから十分な手応えを感じている。参加者は、ラグジュアリー領域が気になっていたものの、どうアプローチすれば良いのか分からずもやもやとしていたようだ。そのため、ラグジュアリーに光を当てたことで、思考がそちらに向かって動き始めた。

 

本連載第4回(2020年2月号)で記したように、1990年代半ば、米国における金融経済の盛況や、親と同居する未婚の日本人女性の可処分所得が増加。「確立された欧州有名ブランド」の需要を大きく導き、ラグジュアリー領域という市場のふたを大きく開けた。

 

それと同時に、研究者たちがブランドやマーケティング、経営学の視点からこの市場を分析するようになった。フランス経済商科大学教授のジャン=ノエル・カプフェレ氏は、この分野の第一人者と称されている。その成果はこの分野の研究発展に大きく貢献した。しかし、実際に事業をする人がこの分析結果に頼り過ぎ、分析結果が独り歩きしている傾向もありそうだ。

 

例えば、「選択的販売網」や「制作の伝承性」という現在あるラグジュアリー領域への分析結果が、自社の戦略設定のチェックリストとして使用される。「わが社の事業は、十分にこれらの要件を満たしているのか」と定期的に自社を省みるのには有効であろう。しかし、新しいラグジュアリーを考える際には用いるべきではない。ラグジュアリーは静的ではなく、動的に捉えるべきなのである。

 

そこで、この勉強会を発足させた。2回実施してはっきりと自覚できたのは、「新しい文化をつくっていく担い手としてのラグジュアリーの在り方が問われている」ということだ。

 

 

 

1 2 3 4
21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo