TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平

ミラノ在住のビジネスプランナー安西洋之氏による連載。テクノロジーだけではなく、歴史や文学、地理、哲学、倫理が主導する21世紀の「新しいラグジュアリー」について考察しています。
コラム2020.02.28

Vol.5 ラグジュアリービジネスに対し無防備な日本


2020年3月号

 

 

前回(2020年2月号)書いたように、ラグジュアリーに関する修士課程のコースが欧州でスタートしたのはおよそ20年前のことである。ラグジュアリーを学ぶとは具体的に何を学ぶのか。どのような科目があり、どのような研修があるのだろうか。いくつかの国の事例から日本の現状について考えたい。

 

 

ラグジュアリービジネスを担う人材の育成

 

ラグジュアリーの研究が始まったのは1998年にスペイン人であるホセ・ルイス・ヌエノの『マスマーケティングのラグジュアリー』という論文が発表されたころだ。この分野について修士課程のコースを設けたのは、およそ20年前――。フランスやイタリアの大学であった。

 

当然のことながら、ラグジュアリーに関するコースは基礎領域ではなく応用領域の性格があり、コースは学術的に深める目的よりも、実際のビジネス人材の育成が目的とされている。

 

インターネットで検索する限り、日本では早稲田大学に寄付講座があるようだ(2020年1月現在。2020年度以降の実施は未確認)。だが、その他の大学でラグジュアリーを学ぶコースは見当たらない(ここでは単発の講義、研修などは除く)。この事実からすると、日本でラグジュアリーがアカデミックな研究対象としてあまり認知されていないのは明らかだ。

 

一方、日本の外に目を向けると、いくつかの現象に気が付く。欧州の大学にラグジュアリーコースが多いのは言うまでもなく、特にフランスは突出しているが、ファッション産業を学ぶこととラグジュアリーを学ぶことの両方をカバーしている大学が少なくない。つまり、ラグジュアリーをファッション産業の枠内で見ている。これは経営系よりも、人文・デザイン系の大学にある傾向とみえる。

 

もう一つは、こうした欧州の大学がビジネスを拡大して、中近東・インド・シンガポール・中国などの大学と提携していることだ。いわゆる新興国市場におけるラグジュアリー人材の育成が要望されているわけである。それぞれの国のキャンパスで教育を行い、研修旅行で欧州を訪れる。

 

こうした全体の動向からすると、日本はラグジュアリービジネスの人材が十分なのか、あるいはラグジュアリービジネス自体を視野に入れていないので、育成に目が向いていないのか、との疑問が出てくる。

 

もちろん、ビジネス界がラグジュアリービジネスに関心がないわけはないだろう。ただ、自分たちが体系的に学ぶべき対象と思っていないのではないだろうか。その疑問を起点に、人材育成の中身を見ていきたい。

 

 

 

1 2 3 4
21世紀のラグジュアリー論 イノベーションの新しい地平一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo