TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2017.11.30

Vol.27 イノベーションとは何か
北村 森

mori_banner
2017年12月号
201712_hata_01

これまでになかったナイフ

商品にイノベーション(改革)をもたらすには、何が必要なのか。難しい話ですね。

地方の中堅・中小企業が立派な研究部門を抱えるのは、まず現実的ではないでしょう。ということは、未来からやってくるような革新的な技術をものにするのは、至難の業と言っていい。ならば、地方企業がイノベーションを起こすことは不可能なのか。

もちろんそんなことはありません。私が2017年、心底うなった商品があります。今回はそれを例にとりながら、話を進めていきましょう。

岐阜県の関といえば、刃物の町として有名です。この地の刃物産業で売上高ベスト3に入っている三星刃物が、2017年7月、なんとも痛快な新商品を出しました。

『和NAGOMI』という同社の自社ブランドシリーズの新ラインアップである、チーズナイフです。

「なんだ、ただのチーズナイフか」と思われるかもしれませんが、私はこの商品のうたい文句に驚かされました。

「硬いチーズも軟らかいチーズも、この1本で切れてしまう」というのです。普通は無理です。チーズを扱うプロは、チーズの硬軟に合うように、複数のナイフを使い分けるのが常識ですから。

硬いチーズがスパッと切れるナイフを軟らかなチーズに使おうとすれば、中身がひしゃげて飛び出しがちです。その逆もしかり。

ですから、このうたい文句、にわかには信じられなかったのです。

値段は税込み8640円。チーズナイフとしては高価ですが、それでも、べらぼうに値が張るというほどではない。実際に購入してみました。

試してみるために、東京都内のチーズ専門店を訪れました。「この店で一番硬い商品と、一番軟らかい商品をください」と頼んで、チーズを購入しました。

さあ、どうだったか。

いや、硬いのも軟らかいのも、もうあっけないほど、すんなり切れました。「なんだこれは」という感じ。

うたい文句通りだった上、美点はまだありました。なんとこのチーズナイフ、既存の商品と違って、刃先に穴が開いていないので、チーズが刃にまとわり付きにくい。

そして、ナイフの姿形がきれいです。ハンドル部は段差がなくて、滑らかに磨き込まれている。それと、もう1つ。卓上で自立します。チーズナイフはダイニングテーブル上で使うものだけに、こうした点はどれもありがたい。

これぞ、まさにイノベーションそのものだと、私には思えました。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo