TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2017.10.20

Vol.26 よそ者はなぜ成功したか
北村 森

mori_banner
2017年11月号
201711_hatawoageru-01

みそ蔵と酒蔵

しばしば、地域を元気にするのは「よそ者、若者、ばか者」といわれますが、話はそんなに簡単ではないようです。各地にはそれぞれ古くからのしきたりがあり、保守的な考えが横たわっています。そこによそ者たちが入れば、それまで地域を育んできた人たちが違和感を抱くのは、当然のことでしょう。

今回取材してきたのは、2つの老舗です。1つはみそ蔵、もう1つは日本酒の蔵。どちらも、上越新幹線の燕三条駅(新潟県)から車で30分前後走った、昔ながらの文化が根付く地にあります。

共通しているのは場所だけではありません。まず、この2社ともに「老舗の家業を、他市に本拠のある企業が買収している」こと。次に、「今、醸造の陣頭指揮を執るのは、いずれも、地域外から入ってきた『よそ者』であること。さらには、その2人とも蔵に乗り込んできた時点では、醸造に関してほぼ素人であった」ことです。

う〜ん……。ちょっと考えただけで、あつれきが起きること確実、というふうに思えてきます。

しかし、どちらの蔵も、経営が立ち直ったばかりか、それぞれの商品の味そのものが再び高い評価を得ているのです。

いったい何があったのか。現地を訪ね、取材しました。

まずは越後味噌醸造。旧吉田町(現燕市)で1771年に創業した、古くて小さなみそ蔵です。

それまでは家業として奮闘してきた蔵でした。しかし、後継者難と経営環境の悪化から、この蔵は2015年、新潟市に本拠のある食関連の企業に事業を引き継ぎました。

蔵に出向してきたのは、30代の男性。その木龍康一さんが代表取締役社長に就きました。旧吉田町とは縁がなかったそうです。みそづくりに関して若干の知識はあったものの、製造の指揮を執りながら、経営の立て直しを図るとなると、そう簡単でないのは当たり前です。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo