TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2017.08.31

Vol.24 ここに来てもらう
北村 森

mori_banner
2017年9月号

ネット販売はしない

亀屋革具店の主力商品は、丈夫で、かつデザイン性に優れたビジネスバッグだ

亀屋革具店の主力商品は、丈夫で、かつデザイン性に優れたビジネスバッグだ

店舗の中は、すっきりとしたショールームのような趣でした。名刺入れ、ペンケース、キーホルダー、トートバッグなどが、きれいに並んでいます。

目的である革のベルトは店の一角にありました。気に入ったベルト1本の値段は税込みで5400円。予想していたよりも安価です。

ベルトを手にしていると、若い親方が奥の仕事場から顔を出してくれました。これだけの老舗ですから、頑固一徹といった雰囲気の親方かと想像していたのですが、軽やかな津軽弁まじりの言葉がどこまでも明るく優しく感じられる、そんな人でした。

「ベルトは、ものによって長さが違っているので、店にあるものを全部持ってきますね」

「今すぐ、ベルトに穴を開けてきますから、ちょっとだけお待ちくださいね」

なんだか、とても和みます。

ベルトは、至ってシンプルな作りであり、周囲の人には、私が言わない限り、これが老舗の革具店が製造したものとは理解してもらえないかもしれません。でも、自分の気持ちが違ってくるでしょう。弘前まで来て買ったという事実だけで気分が格別ですから。

他のお客さんがいなかったのを幸いに、親方と少し話し込むことができました。

会話の中で教えてもらったのは、店の棚に並んでいる商品であれば、その大半はすぐに購入できること。名刺入れは4カ月ほど待つ必要があるものの、革の色や、ポケットの仕様を自由に選べること。主力であるビジネスバッグだけは、予約してから完成品が届けられるまでに1年3カ月はかかること。

どうしてそんなに時間がかかるのでしょうか。

「私が1カ月で作れるのは、せいぜい7点くらいなんです」と親方は言います。

そのため、ネットでの注文などは受けていないそうです。また、東京などの大都市圏への出店もない。つまり、亀屋革具店のビジネスバッグを購入したいとなると、この店に来ないといけないのです。

それは何ももったいぶった話ではなくて、ハンドメイドを貫いていると必然的にそうなってしまうというわけなのですね。

ペンケースやキーホルダー、トートバッグなど、店に飾ってある商品の大半はその場で購入できる。店を訪れた日、洒脱なデザインの名刺入れは「お届けまで4 カ月」だった

ペンケースやキーホルダー、トートバッグなど、店に飾ってある商品の大半はその場で購入できる。店を訪れた日、洒脱なデザインの名刺入れは「お届けまで4 カ月」だった

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo