TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2017.07.31

Vol.23 それは「逆風」なのか?
北村 森

mori_banner
2017年8月号

201708_hatawoageru-01

中心市街地の老舗が

地方の「三大逆風」と、勝手に名付けてしまいますが……。

まず、中心市街地の空洞化は、ますます進んでいます。かつては繁華街だったのに、今では閑古鳥が鳴いているという風景は、地方都市の悲しい現実ですね。

次に、個人商店を取り巻く環境がさらに厳しくなっています。靴屋、洋品店、書店など、例を挙げれば切りがありません。

さらに、事業継承の問題も絡んできます。後継ぎがいない、あるいは、先代がお子さんに後を継がせることをためらうほどに業績が悪化しているというケースなども耳にします。

で、今回取り上げる事例はと言いますと、「地方都市の、寂れつつある中心市街地」にある「個人経営の純喫茶」が、「悩んだ末、4代目に事業継承した」という話です。もう、まさに三大逆風ということなんです。

その店の名は、「純喫茶ツタヤ」といいます。北陸・富山市の中心市街地にあるこの一軒は、1923(大正12)年の創業。この街で最も古い純喫茶であるのはもちろん、ある書籍には「日本で最も古い」とも記されています。何人もの文人や芸術家がこの店を訪れたという記録も残っているほど。

その歴史にとりわけ大きく貢献したのは2代目でした。1922年、単身でインドネシアに渡り、コーヒーの栽培園を巡り歩いたのでした。そのため、ツタヤのコーヒーは創業時から、後の2代目が送ってくるコーヒー豆を使っていたそうです。

第2次世界大戦後にはこの2代目がビルを建て、いっときは喫茶店の上階でトリスバーやビアガーデンまでも営んでいました。

201708_hatawoageru-02

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo