TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2015.09.28

vol.1 私が郷里で手がけていること
北村 森

mori_banner
Vol.1 私が郷里で手がけていること
2015年10月号

私は雑誌『日経トレンディ』(日経BP 社)の編集長を経て独立し、今は各種製品やサービスの分析、消費トレンドの予測などを手掛けています。
ここ1 ~ 2 年、力を入れているのが、全国各地の隠れた実力派商品を取材する仕事です。
さらには、それに端を発して、自治体や商工団体などと連携する形で、地域おこし事業への協力依頼を受けるケースが増えてきました。
モノづくりの街として広く知られる東大阪市。ここでは、「設計図のない物もつくってしまう、町工場の技術と熱意」を伝えるプロジェクトに関わっています。

また、茨城県では、自治体の地道な取り組みを広くアピールするためのお手伝いに従事しています。さらに、札幌市や那覇市などでは、6 次産業化がうまく進展するための提言を行ってきました。

執筆第1 回目となる今回は、私の郷里である富山で、私自身が何に取り組んでいるかについてお話しすることにいたしましょう。



商店街の危機

2015 年3 月に北陸新幹線が開業し、その経済効果に期待を寄せているのが富山市です。新たなツアー商品の開発、企業や商業施設の誘致をはじめとして、さまざまな施策が重ねられています。

ただ、その陰には、「新幹線効果はまず望めない」と、深刻に受け止めている人たちが存在します。その代表格が、富山市の中心市街地にあるアーケード街「総曲輪(そうがわ)通り」の店主たちです。この総曲輪通り、ほんの20 年ほど前までは富山県きっての人気商店街として、その地位は盤石とも思われていました。週末に限らず老若男女が集っていましたし、東京から進出した百貨店もありました。

そこからの衰退は早いものでした。
ご多分に漏れず、地元の消費者は郊外型の商業施設に流れ、百貨店は撤退、そのビル跡は今も手付かずのままです。総曲輪通りそばにあったマクドナルドも閉店し、アーケードには空き店舗が目立ち始めました。

しかし、この総曲輪通り、ただ手をこまねいているわけではなく、行政の力で大規模な再開発事業にも着手しています。アーケードと直結した全天候型の広場を設置。週末ともなれば各種イベントが催され、人であふれ返るようになっています。

ところが、商店街の店主に言わせると「店に金が落ちる効果は、ほぼゼロ」なのだそう。広場に集まる人たちはイベントだけが目当てであり、すぐそこにある店舗の中に入ることはないというのです。

そうした厳しい状況で、私は2014 年、同市の副市長と総曲輪通り理事長の招きで、「総曲輪グランドデザイン会議」の座長に就きました。予算はそうない、特効薬を見いだせない、後継者難の問題もある、という苦しみの中で、何をなすことが必要かを討議する会議です。

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo