TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2017.01.31

Vol.17 成熟商品にこそ勝機
北村 森

mori_banner
2017年2月号

2016年10月にバルミューダが発売した『The Pot』。デザイン性に優れた電子ケトルで、使い勝手も既存商品に勝る印象。600mlと容量は小さいが、その分、取り回しが楽になっている。価格は税別で1万1000円 https://www.balmuda.com/

「もう進化はしないだろう」と思われているような商品分野があります。例えばデジタル系の製品が、年単位、いやそれ以上のスピードで新機能を消費者に見せつける一方で、何ら変わらない印象の商品カテゴリーのことです。

ただし、そうした成熟ジャンルの商品にこそ、実は進化する余地がある気がしてなりません。消費者が「こんなものだろう」とはなから諦めている分野―。いくつか例を挙げてみましょう。文房具などは、その最たるものといえます。金属製の針を使わずに紙をとじられる針なしステープラーなどが好事例です。針が不要にもかかわらず、とじられる紙の枚数は、今や10枚を超えていますし、紙に穴を開けずにプレスする手法でとじられる機種まで登場しています。

あるいはキッチン小物も同様です。『くるりとハチミツスプーン』という、新潟県のオークスが開発した商品があるのですが、これはハチミツを瓶からすくうためだけの1本です。ハチミツをすくうとき、スプーンからハチミツが垂れ続けて、なかなかにストレスがたまります。それを一発解決してくれるという、面白くもあり、イライラを防ぐ商品。私はとても評価しています。

「意識できていない不満」に着目

こう考えると、商品を開発する上で「消費者の不満に応える」という決まり文句が、何だか陳腐化した表現にも思えてきませんか。

私は思います。「消費者の不満に応える」のではなく、消費者が不満にも思っていない、すでに諦めていて不満が上がりもしない部分に斬り込んでこそ、真のヒット商品が生まれるのではないかというふうに……。消費者の不満が顕在化しているジャンルには、それこそ数々の企業(大手も当然含みます)が新商品を引っ提げて参入してきます。だからライバルが必然的に多くなり、ヒットはおぼつきません。

商品をヒットさせるなら、まさに「消費者自身も言葉にできていない、意識できていない不満」に着目することが重要だと感じます。成熟し切ったように思われている商品ジャンルにこそ、そうした発想がより有効でしょうね。

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo