TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2016.09.30

Vol.13 まだ見ぬものを
北村 森

mori_banner
2016年10月号

地方からのヒット商品を目指す上で重要と思われるポイントについて、私はこの連載で何度もつづってきました。
“必然性なし、急ごしらえ、厚化粧”な商品ではダメで、足元にある宝物こそ大事にした方が得策であること。また、地元の消費者に親しまれているものにこそ、ヒントが隠されているケースが多いこと――。
そうしたポイントを踏まえた、まさに地方発信型商品の見本ともいうべき商品に、先日出会いました。今回は北海道発のお話です。

なぜトマトなのか

201610_hata-01

北海道旭川市の佐久精肉店が作る『とまとたれ』。ジンギスカン用のたれではあるが、実際には肉料理、魚料理、パスタやサラダにも使える万能たれだ。地元だけでなく、本州の消費者にもより幅広く使ってもらえるよう、万能たれとしての訴求に努めている。パウチタイプの商品販売では、食品大手の日本食研との連携を果たしている。プラボトルタイプ(190ml)で税込み600円

私が注目したのは『とまとたれ』という新商品。旭川市の食肉卸である佐久精肉店が2016年4月に発売した、ジンギスカンのたれです。
この夏に、東京の羽田空港第1ターミナルで「北海道百選」というフェアが催され、この『とまとたれ』、早くも同フェアの陳列棚に並びました。また、食品大手の日本食研とも連携し、パウチタイプのものは同社が販売を担っています。一地方から生み出された商品としては、好発進といって差し支えないと思います。
私がまず引かれたのは、そのパッケージ。北海道らしいおおらかなデザインです。広い青空に、赤いトマトがぽっかりと浮かんでいます。ぱっと見て、これがどの地方発の商品で、何を素材にしたものかが、たちどころに理解できますね。聞けば、このデザイン案、佐久精肉店の取締役が考えたそうです。
手のひらに乗るサイズのプラボトルに入ったタイプは1本当たり600円(税込み)と、結構な値段です。既存の焼き肉たれの優に2倍はします。
口にすると、思いの外、優しい味でした。さっぱり、さらり。子どもでもお年寄りでも大丈夫でしょう。そして、トマトの味の輪郭がしっかりしています。
ジンギスカンに限らず、どんな肉でも合わせられそうですし、パスタやサラダに使っても良さそうです。ポークチャップやトマト味のパスタを作るのに、これは役立つ。オリーブオイルと混ぜて、カルパッチョのソースにする手もあるでしょうね。
要するに、ジンギスカン用とうたいながら、実際にはトマト味の万能たれということです。
もともと佐久精肉店は、1998年から、トマト味のたれに漬け込んだジンギスカン用の肉を、旭川市で販売していたそうです。地元での人気は根強いものがあるとも聞いています。
北海道の人は、トマト好きが多いらしい。菜園で採れたものを配り合ったりするのは日常の風景。それだけに、トマト味のジンギスカン肉も定着したのでしょう。佐久精肉店はいいところに目を付けたといえます。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo