TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2016.08.31

Vol.12 逆境のときこそ投資する
北村 森

mori_banner
2016年9月号

201609_hata-01

洋の東西を問わず、1本の酒には物語が付きもの。今回ご紹介するのは、国内で生まれたシングルモルトウイスキーです。

2016年6月、富山県の若鶴酒造が、55年物のシングルモルトを限定155本発売すると発表しました。それが『三郎丸1960』です。CASK(カスク) STRENGTH(ストレングス)とありますから、たる出しそのままです。加水もしていない。半世紀以上の長い年月を経て、アルコール度数は47度と、ほどよいものになっているそうです。

値段は、700mlで55万円(税別)です。価格だけ見ると、「ウイスキー1本に55万円!?」と思われるかもしれませんが、55年物のウイスキーとしては、かなり安いともいえます。商売っ気とは別の次元で売り出す―。そのような同社の狙いがそこから想像できます。

7月に、先行して50本を販売したところ、初日の段階ですぐに50人を突破。半月で100人を優に超える購入希望者があったそうです。

55年物のシングルモルトというのは、世界的にも極めて希少な存在です。どんな経緯でこの1本が生まれたのか、取材しました。

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo