TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2016.03.31

Vol.7 足元の宝物を生かす
北村 森

mori_banner
2016年4月号

ヒット商品を生む種は、一体どこにあるのか、という話。今回は2つの事例をご紹介しましょう。そのいずれにも共通するのは、ヒットにつながる素材は足元に落ちていた、というところです。


見向きもしない

201604_hata_01

青森県八戸市に本社のある八戸缶詰の子会社「味の加久の屋」が手掛ける「サバのヴィンテージ缶」。 値段は3缶で2160円(税込)。缶には漁獲年が大きく記され、1年間、缶内熟成を経た後に出荷されている

まずは青森県八戸市のサバです。「安くて、しかもとびきりうまいサバ」として、人気を集めているのが八戸のサバなのですが、ほんの10年前まで、地元の人からは何の注目も集めない存在でした。港に行くと、荷箱からこぼれ落ちたサバが地面で跳ねていても、誰も見向きもしないような状況だったとも聞きました。要するに、ただただ値段は安く、地元庶民が普通に消費する魚。それも「えっ、今晩のおかずは、またサバなの?」といったふうに、いい加減、飽き飽きされているものだったということです。

風向きが変わったのは、2006年のことでした。

この街に、1人の大学教員が赴任しました。スーパーマーケットにて激安価格で売られているサバを何気なく食べ続けるうちに「何だこれは」と感じたそうです。他の地で口にするサバに比べて、明らかにうまい。
この教員は、試験場にサバを持ち込み、八戸のサバの特性を調べました。そうしたら、すぐに分かったことがありました。八戸のサバ、粗脂肪率が軒並み20%を超えていたのです。一般的なサバの場合は12%ちょっとですから、これはかなりの数値です。

良質の脂が乗っていることが、客観的な数字で明らかになり、この教員はすぐに動きました。地元の商工会議所、そして食の業界と連携し、八戸のサバの価値を見直そうという活動を始めたのです。その結果、地元の人はもちろん、観光客や出張客の間でも、サバの存在感がぐっと高まり、今ではちょっとしたブランド魚として人気を得るに至っています。

こうした事例、他の地域でもあります。漁師も消費者もそっぽを向いていた下魚だったのが、実はおいしいことに誰かが気付き商品価値が高まっていくという話です。八戸の場合で言えば、大学教員の働き掛けに、地元がすぐさま呼応したところがポイントであったと思います。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo