TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2021.10.26

Vol.74 アフターコロナを見据えて

mori_banner
2021年11月号

 

 

南砺市観光協会

日本最古の合掌家屋を生かしたゲストハウス(左)と、「戦前の村長さんのお屋敷」を旅館に変えた人気宿(右)

 

 

長く戦える体制を築く

 

今回は、私が携わっている案件についてお伝えすることをお許しください。北陸・富山の南砺市という地域で、市と観光協会による「南砺の宿ブラッシュアップ事業」が2021年7月にスタートしました。私はこの事業のプロデューサーに任命され、地域の宿の宿泊プランを策定しています。

 

この仕事を私が受けたのは、南砺市観光協会の専務理事・米田聡氏の言葉に、深くうなずける部分があったからです。

 

「今、全国各地の観光業界はコロナ禍による逆風に苦しんでいますけれど、本当の危機が訪れるのは、実はアフターコロナの段階かもしれません。だから今この時期にこそ、地域の宿や飲食店は、強靭化を図らないといけないのです」(米田氏)

 

どういうことか。もちろん2020年以来、観光客が激減していますから、もうすでに逆境下にあることは間違いありません。ただ、今は行政の支援による宿の割引施策が存在します。政府のGoToキャンペーンは実質休止とはいえ、自治体が独自の支援策を講じていて、地域内の消費者に宿泊を促している状態です。

 

「でも、アフターコロナになると、この割引施策は当然なくなるわけです」と米田氏は言います。

 

つまり、コロナ禍が収束すると、何より人の動きが復調しますから、国内各地の観光地、さらには海外のリゾートが再び強いライバルとなります。以前のように、旅行先を好きに選べるわけですから。

 

そして当然、コロナ禍だからこその割引制度はなくなり、宿泊料金が再び上がります(上がるというより、元に戻るというのが正しいのですが)。そんな状況を迎えるときにこそ、各地域の観光業界は真の危機に見舞われる、というのが米田氏の心配なわけですね。

 

「ならば」と南砺市観光協会は考えた。必要なのは一過性のテコ入れ策ではない。インフルエンサーに話題にしてもらうとか、さらなる割引に踏み切るとか、そういう話ではなくて、逆風下の今だからこそ、3年先、5年先、10年先を見据えて、地元の宿や飲食店が長く戦える体制を築かないといけない。そのための「ブラッシュアップ事業」だというのです。

 

 

 

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo