TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2021.10.01

Vol.73 放てる矢は一本ではない

mori_banner
2021年10月号

 

 

自動車のサスペンションと同等のスプリングを実装
※写真は試作段階のバネ

 

 

AH Products「 LaLaCoチェア」

内蔵された二重のバネが、子どもの寝かしつけや、シニアのエクササイズの強い味方に。強靭なバネに加え、インテリアの邪魔にならないシンプルなデザインが長く使えるポイント

 

 

自らの経験を基に開発

 

今回の事例からお伝えしたいことは2つあります。まず1つ目は「商品開発のきっかけはどこにあるのか」という話。2つ目は、「その商品の初動が低調だったら、ヒットへの道を諦めるしかないのか」という話です。

 

取り上げる事例は椅子です。その名を「LaLaCo(ララコ)チェア」と言います。価格は5万4780円(税込み)。背もたれや肘掛けのないスツールタイプとしては、ちょっと立派な値段ですよね。

 

開発したのは、東京都目黒区に本社のあるAH Products。代表である原田暁氏はトレーダーとして金融業界で華々しい活躍を続けてきた人物と聞きます。トレーダーとしての活動を続けるのと並行して、ものづくりの領域にも挑んでいるのです。

 

このLaLaCoチェア、どのような椅子なのか。それは、赤ちゃんの寝かしつけに使ってほしいという思いを込めて開発したのだそうです。

 

開発の第一歩は、原田氏自身の経験にあったと言います。子どもが生まれ、彼も育児を担っていたわけですが、「ママが寝かしつけないと子どもが大泣きするんです」と原田氏は振り返ります。当たり前のように毎日育児に臨んでいた彼にとっては、相当なショックだったようで、なんとかできないかと試し続けたらしい。

 

「子どもを抱っこしながら、曲に合わせて踊ったり、散歩したり、テレビを見せたりしました。でも、全部だめでした」(原田氏)

 

ある時、子どもを連れて2人でバスに乗る機会があったそうです。抱っこして乗っていると、わずか5分もしないうちに子どもが寝ていた。なぜなのか、この5分で何が起きたのか、と彼は考えます。

 

原田氏はこう言います。

 

「バスのこの揺れにこそ理由があるのではないかと頭に浮かびました」

 

バス独特の揺れ――。それは道路の段差を乗り越える際に起きる縦方向の揺れだと彼は気付いた。

 

「ならば、それを再現する道具を手に入れたら、自分にも寝かしつけができるのではないか」(原田氏)

 

 

 

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo