TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2021.07.01

Vol.70 「わずか5本」からの攻勢

mori_banner
2021年6月号

 

 

日興エボナイト製造所「笑えぼや暮屋」の万年筆

エボナイトは黒く硬い樹脂で、ゴムにイオウを混ぜ加熱して作る。人間の手になじむ独特の肌触りが特長

 

 

日本で「唯一」の町工場

 

オリジナルの万年筆作りが町工場を救ったという話をします。

 

東京都荒川区の日興エボナイト製造所は、エボナイトという天然ゴム由来の樹脂を製造する工場です。

 

1952年に同社が創業した当時、エボナイトを作る工場は全国にいくつもあったそうです。ところが現在では、エボナイトを製造するメーカーは日本で同社だけになりました。世界規模で見ても、エボナイト工場はもう数えるほどしか残っていないらしい。

 

理由は明らかで、石油由来のプラスチックに完全に押されたからです。それでも日興エボナイト製造所が転業しなかったのは、現社長である遠藤智久氏の祖父による言葉があったからだそうです。

 

「祖父は『お客さんがいる限り、エボナイト製造はやめない』と繰り返し話していました。それを私も守っているわけです」(遠藤氏)

 

日本でただ1つしかないエボナイト工場ですが、電気絶縁素材や楽器のマウスピースとしての需要は一定にあります。エボナイトが天然ゴム由来であるからこその特性が、そうした用途を生んでいました。とはいえ、これらの需要に頼るだけではジリ貧になるのは目に見えていましたし、実際に業績はどんどん下がっていきました。

 

日興エボナイト製造所の万年筆は、2009年に第1号を登場させたいわば新規参入組です。国内外の既存ブランドに太刀打ちできるのか、厳しい戦いになるのではないかという見方もありました。ところが、多くのマニアがこの万年筆に振り向いています。

 

 

 

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo