TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2021.05.06

Vol.68 些細なことでも見逃さない

mori_banner
2021年5月号

 

 

東京商工社「東京まくら 禁務時間」
仰向け寝や横寝にも対応した特殊形状で、頭・首・肩をしっかりサポートする。ターゲットを絞り込んだこと、小さなことでも見逃さない視点などが、ヒットの要因となった

 

 

コロナ禍の地方企業

 

消費者の心に響く商品はどのようにして生まれ得るのか――。この永遠のテーマの参考となる事例に出合えたのでお伝えします。

 

東京商工社(東京都大田区)は2021年で設立70周年を迎える企業です。メーカーと消費者をつなぐ商社であり、その草創期、戦後復興のころには、初代社長が東京・日本橋の百貨店でバケツやタワシを販売していたと聞きます。同社企画室の小野順氏は、企業風土をこう語ります。

 

「人が困った時に助けとなる商品を率先して取り扱いたいという理念がずっと生きている」

 

確かに戦後のバケツやタワシもそうでしょうし、その後取り扱っているのも暮らしに根差した商品が中心の会社なのですね。例えば、2021年は防災食のセットを自社で作っています。複数の食品メーカーの商品を選りすぐって組み合わせたセットであり、これは商社の強みを活用した手法かと思います。

 

で、今回お伝えしたい商品はというと、枕なのです。寝る時に使う枕。なかなか“正解”に出合えないアイテムですよね。人によって求める要素は異なりますし、寝る時の姿勢も、また体形そのものも違いますから。

 

右ページの写真をご覧ください。同社が自社開発した枕の名は、「東京まくら 禁務時間」と言います。販売価格は税込み1万780円。その形状を独特だと感じる人は少なくないでしょう。表面積が大きく、頭や首から肩までをサポートするように曲面を描いています。

 

 

 

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo