TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2020.07.31

Vol.59 逆境から何かが生まれる
北村 森

mori_banner
2020年8月号

 

 

#別府エール飯
コロナ禍でテイクアウトを広めるた別府市から始まった「#エール飯」

 

 

さきめし
飲食店を支援するため、飲食代金を先払いする「さきめし」

 

 

コロナ禍で受けた打撃

 

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた業界はたくさんありますが、中でも飲食業界は厳しい逆風にさらされています。

 

ただ、今春以降、そんな飲食店を支えるさまざまな取り組みが登場していますね。私が注目してきた取り組み二つを、今回はお伝えしたいと思います。

 

最初は地方行政から生まれた取り組みです。「#別府エール飯」といい、別府市と市の外郭団体が3月に始めました。

 

お店や市民に街の飲食店のテイクアウトメニューを撮影してもらい、検索用のハッシュタグ「#別府エール飯」を付けてツイッターやインスタグラムといったSNSに投稿してもらうというもの。5月下旬までに5000食の投稿があったと聞きます。

 

で、ここからが大事なのです。この取り組みで興味深かったのは、この「#エール飯」に関する使用許諾が必要ないこと。どういうことかというと、別府市以外、大分県外であっても、この仕組みを自由に使っていい。「#エール飯」に地域の名前を付けてもいいし、「#別府エール飯」のページにある文言を使ってもいいとのこと。

 

「◯◯市民、◯万人のテイクアウトプロジェクト」とか「“美味い”はコロナに負けない」「持ち帰ろう、◯◯の美味い飯。」「沸き上がれ、◯◯市民。」などといったキャッチコピーも、文字のデザインもお手本にしていい。その結果、今、「#エール飯」は全国各地の自治体に広がっています。

 

 

 

1 2 3
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo