TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2020.03.31

Vol.55 右肩下がりの市場だからこそ


2020年4月号

 

 

幸だるまさんカレンダー
「幸だるまさんカレンダー」は卓上タイプの商品。2020年シーズンに新発売となったカレンダーで、価格は1300円(税抜き)と安くないが、滑り出しは上々という

【トーダン】
https://www.todan.co.jp/

 

 

縮小する市場で戦う

 

時代とともに市場規模が縮小を余儀なくされる商品分野があります。消費者の嗜好の変化、あるいは、それまでの商品に取って代わるような新しいものの登場など、理由はさまざまであると思います。

 

こういった場合、企業は打つ手なしなのかといえば、もちろんそんなことはありませんね。

 

例えば、2005年ごろの国内ウイスキー市場は、それはもう「風前のともしび」でした。サントリーやニッカなどの大手メーカーが何をやっても、市場は右肩下がり。アルコール度数が高く香りに癖のあるウイスキーそのものが、多くの消費者の嗜好に当時はまらなくなっていたわけです。

 

そうした逆風吹きすさぶ状況下で、2004年、果敢に起業した男性がいました。当時は前例のなかった、ウイスキー専業メーカーを立ち上げたんです。企業の名はベンチャーウイスキー、創業者の名は肥土伊知郎氏といいます。

 

肥土氏は起業直後、2年間で2000軒ものバーを巡り歩きます。そうした気の遠くなるような行動を通して、彼は「ウイスキー市場が全くの壊滅状態というわけではない」という結論をつかんだのでした。

 

確かに統計数字を見れば、国内のウイスキー市場が冬の時代であることは明白です。でも、オーセンティック(伝統的形態)なバーでは、20歳以上の老若男女が1杯2000円以上もするようなシングルモルトウイスキーを喜んで飲んでいる。

 

つまり、大手メーカーがウイスキー事業を存続し得るほどの市場規模があるかといえば、それは厳しい。しかしながら、中小のウイスキー蒸留所が存続し得る規模の市場は、国内にも確固としてある。そういう結論を肥土氏は2年をかけて導き出したわけです。

 

そしてベンチャーウイスキーは2008年に仕込みを始め、2011年に実質的な第1号商品を世に出しました。すると、これが即時に完売となるほどの話題をさらった。

 

その後、ベンチャーウイスキーは快進撃を続けます。今や、ジャパニーズウイスキーは海外からの人気も絶大となり、同社の後を追いかけるように新しい蒸留所が全国に林立するほどになっています。

 

ウイスキー人気の復活にはもちろん、サントリーが奮闘した結果として生まれたハイボール人気も忘れてはならない事象ですが、ベンチャーウイスキーの努力がこの空前のウイスキーブームを築き上げたのも、また事実でしょう。

 

手掛ける(手掛けようとする)商品の市場が右肩下がりに見舞われた場面で、どう考え、どう動くか。これが今回のテーマです。

 

 

 

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo