TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2020.02.28

Vol.54 「作りたい」プラスアルファで


2020年3月号

 

 

 

 

COinCA(コインカ)
「COinCA」は、クレジットカードサイズのコインホルダー。「500円硬貨1枚+100円硬貨4枚」が収まるタイプ、「50円硬貨1枚+10円硬貨4枚」が収まるタイプ、「5円硬貨1枚+1円硬貨5枚」が収まるタイプの3種を用意。価格はそれぞれ880円(税込み)。アルプス化成初の自社ブランド商品
3種類のコインホルダーをラインナップ

【COinCA(アルプス化成)】
https://coinca.jp

 

 

底流にある諦めない気持ち

 

先日、ハワイ出張に行ってきました。目指したのはオアフ島のノースショア。ホノルルから車を1時間ほど走らせた、島の北西部です。ハワイマニアに人気のエリアとはいえ、日本人観光客が多いワイキキ辺りとは異なり、旅行客目当ての大型商業施設などはほぼありません。

 

このノースショアに「ハワイアン焼酎カンパニー」という、日本人夫婦が営むごく小さな焼酎蔵があります。春と秋それぞれ、わずか約3000本だけ生産されているのですが、この焼酎を買うにはちょっと手間が要ります。

 

まず、メールでの事前予約が必須です。次に、このノースショアの蔵まで足を運ぶのが大原則。日本に輸送をしてもらえないのです。つまり、ハワイまで飛んで、さらにレンタカーを駆って行く必要がある。

 

それでも、ここの焼酎「波花」は、毎年の春秋ともに瞬く間に完売となります。どうしてか。純粋においしいからなのですね。鹿児島で修業を積み、ハワイのイモを使って造られる芋焼酎の味は、どこまでも優しくて、そして温かな気持ちにさせられる一杯と表現したくなります。単に希少だからというだけでは、2013年の創業以来、例外なく全て完売し続けられないでしょう。

 

ご主人に話を聞いてきました。またなぜ、わざわざハワイで焼酎を造ろうと?

 

「造りたかったから。これに尽きますね。若い頃にハワイのイモを口にした時、『このおいしいイモで焼酎を造ってみたい』と単純に考えました。その思いを貫いて、修業から始めたんです」(ご主人)

 

でも、蔵の設立、地元金融機関からの融資、そして島の農家からの原材料調達と、苦労も多く、諦めそうになったこともあるのではないでしょうか。

 

「いえ、一度も諦めようと思ったことはありませんでしたね。諦めようとしなかったから、ここまで完遂できました」(ご主人)

 

こう聞くと、夢を追い求めた美しいストーリーに終始しているようにも感じられますが、ちゃんと冷静な計算もあったといいます。

 

それは何か。

 

「ハワイを選んだところです」とご主人。

 

例えば、これが(同じようにイモの栽培が盛んな)トンガだったらハワイほどに観光客はいないでしょうし、旅で訪れるのもハワイよりハードルがありますから商いとしては成立しにくかったかもしれませんね。夢を追い続けると同時に、そこにはちゃんと、読みを働かせていたというわけです。

 

 

 

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo