TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2020.01.31

Vol.53 「協業」に不可欠な姿勢


2020年2月号

 

 

琉Qのアセローラジャムとシマノネの小箱
2020 年2、3月にANA国内線全便で機内販売される「琉Qのアセローラジャムと、シマノネの小箱」のセット。価格は1000円(税込み)。琉Qは、沖縄県セルプセンターとGUILD OKINAWA の協業による産品プロジェクト。シマノネは、ゆいまーる沖縄による沖縄の工芸品プロデュース事業の一環から生まれている
【琉Q】http://ruq.jp/
【シマノネ】http://shimanone.utaki.co.jp/

 

 

アセローラは熱を加えると深い赤色になる。ジャムの味は酸っぱくない

 

 

相手に何を与えられるか

 

今回は、私自身が関わっている案件をテーマにしてつづることを、どうかお許しください。

 

何の話か。商品の開発・販売プロジェクトにおける協業(コラボレーション)についてです。つまり、複数の事業者が集まって一つのことを成すという話。

 

本題に入る前に、以前別の機会で耳にしたことをお伝えしましょう。

 

今からもう10年以上前なのですが、食品や飲料分野を中心に「コラボレーション商品」が一気に増えた時期がありました。例えば、アサヒビールがフランスのフォションと組んで、紅茶風味のリキュールを発売した、というふうな感じです。

 

その当時、ある大手食品メーカーの担当者が語った「コラボレーションする場合、絶対に踏まえておかなければならないことがある」という言葉を、今でもよく覚えています。

 

「コラボする相手から何かを得たいと考えていてはダメなんです。相手に何を与えられるかをまず考えないと」(大手食品メーカーの担当者)

 

これ、本当に大事な姿勢だなあと感じたことを記憶しています。コラボによって協業先の事業者から自分が何らかの恩恵にあずかりたいとばかり考えていると、そのプロジェクトは瓦解しかねない。互いが自分のメリット獲得を優先すれば、間違いなくそうなるでしょう。

 

相手に対して何をもたらせるかという姿勢で臨めば、回りまわって、自分のところに利益が返ってくるわけです。

 

余談ですが、私は友人や後輩の結婚披露宴で祝辞を贈る場面で、似たような話をしています。「結婚生活では、相手から何かしてもらおうというより、相手のしたいことをしてもらうという意識で過ごしましょう」といった内容です。

 

そう考えると、協業で大切な基本姿勢とは、(結婚に限らず)人間関係における基本姿勢と同じかもしれませんね。「譲れない一線」を、最初に伝えておくべきという点もそう。

 

 

どんな柄の外箱かは買ってからのお楽しみ

 

 

 

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo