TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.08.30

Vol.48 その違いは「切実」なもの

mori_banner
2019年9月号

「QQTOILET」のパッケージングは、工場の一角を使って手作業で行われる

「QQTOILET」のパッケージングは、工場の一角を使って手作業で行われる

登山ガイドの話を聞いて

でも、皆さんもお分かりのように、この時点で携帯用トイレは、それこそ大小さまざまな企業が販売しているカテゴリーです。

そこへいまから打って出ることに躊躇はなかったのか。

「それはありませんでした。目指すべき方向は見えていたので」

どういうことか。水津氏は考えたそうです。携帯用トイレとはどうあるべきなのか。

私、ここが本当に重要なところだと思います。「先行する他社や、ライバルと目される他社がこんな商品を作っているから、わが社も」という発想では、ヒットはおぼつかないからです。

携帯用トイレであろうが、家電製品であろうが、生活雑貨であろうが、「この商品とはどうあるべきか」という、まさに作り手の旗を掲げて、顧客に問いかける商品こそが、他商品を制し、かつ、後発での参入であっても、多くの人を振り向かせるのは間違いない。

それは、このコラムで過去に紹介してきた、さまざまな商品に共通している部分です。屋台村とはそもそもどうあるべきか、クラフトビールとはどうあるべきか、キッチン小物とはどうあるべきか……。その旗にこそ、ヒットの芽はある。

では、多摩川クラフトの水津氏は、携帯用トイレに必要なもの=こうあるべきという旗を、どう掲げたのでしょうか。

「中身が漏れないこと。それに尽きると確信しました」

ある登山ガイドの話を聞いたのが契機だったそうです。

ある日、使用後の携帯用トイレをリュックサックに収めて下山していた。すると途中で、背中に押される形で、中身が飛び出してしまった。凝固剤で固めていても、それごと袋から漏れてしまったというのですね。

「それでは、せっかくの登山の思い出が吹き飛んでしまうじゃないですか。だからこそ、携帯用トイレで最も大事なことは、とにもかくにも漏れないこと。そこに照準を定めたんです」

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo