TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.08.30

Vol.48 その違いは「切実」なもの

mori_banner
2019年9月号

QQTOILET
「QQTOILET(救急トイレ)」は携帯用のトイレ。普段は手のひらに乗るほどのサイズに収まっており、携行するのに支障がない設計。袋を開くと、長さ30cmほどに広がり、しかも本体が自立する。このことで使用時はもちろん、使用後に中身が漏れるのも防ぐ。さらに大きなポイントは、上部のジッパーが二重になっているところ。値段は高いが、昨年だけで3万2000個も売れているスマッシュヒット商品

販売価格 : 594円(税込み)
多摩川クラフト㈲

http://www.tamagawacraft.com/

防災グッズに必要なのは

今年も「防災月間」を迎えましたね。南海トラフ巨大地震が今後30年以内に発生する可能性は70~80%といわれていて、いまや日本に安全な地域はありません。備えあれば憂いなし。今回は防災グッズの話をしましょう。私が考える“関連商品のあるべき姿”とは??というのがテーマです。

まず、非常食で言いますと、私は「普段食べているものに限りなく近い商品がいい」と考えています。その方が緊急時でも心理的に大きな支えとなるからです。

正確に申し上げますと、これは私の考えではなく、以前、ある研究者が教えてくれた話だったのですが、「なるほど」と膝を打ったことを覚えています。

実際、ここ数年で注目されている非常食(備蓄を想定した商品を含む)は、例えば定番のビスケットの保存缶、あるいは大手食品メーカーの長期保存レトルトカレーなどですね。いざというときに、これがあったら、ホッとできるだろうなと想像できる商品群。

で、今回のテーマですが、非常食ではなくて携帯用トイレです。自然災害時はもちろん、登山などのアウトドア、あるいは、家族で出掛ける渋滞覚悟の長時間ドライブなどのことを考えても、いくつか携えておいて損はなさそうな商品です。

携帯用トイレの場合、何が重要な決め手となっているでしょうか。非常食のように、「いつもの生活と同じように」とは残念ながらいきませんね。商品の特性や制約を思えば、そこは致し方がない。

ならば、何が大事なのか。

まあ、いろいろな考え方があると思いますが、今回取り上げる携帯用トイレはその訴求が極めて明快だった。どういう話なのか、ここからご説明していきます。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo