TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.07.31

Vol.47 「万人狙い」は正解か

mori_banner
2019年8月号


簡単に魚をさばけるようになる魔法の包丁
201908_hata_02
サカナイフ
TAPPは、もともと銅像の原型や、釣りに用いるルアーの製造を手掛けていた。社長が漁師の仕事を経験する機会があり、その折、「一般の人々にもっと魚を食べてほしい」との思いが募り、「サカナイフ」の開発着手を決断。2017年と18年の2度にわたって公開したクラウドファンディングでは、実に1300万円もの資金を獲得。一般発売後も品切れが続いている。販売価格は1万5120円(税込み)

(株)TAPP
https://www.tapp-craft.com/

「あなた」を狙うこと

2019年に入って生まれたヒット商品の多くには、一つの共通項がある気がします。

それは「万人を狙って中庸な商品を作るのではなく、たとえ客層の取りこぼしがあっても、あえて特定のターゲットに絞り、商品特性を先鋭化・明確化させている」ことではないかと思います。

東京・銀座で2019年4月に開業した「MUJI HOTEL」は、「無印良品」を展開している良品計画が手掛けるホテルです。料金は安くない上に客室はそう広くない。それでも、無印良品のファンに響く演出が魅力。

また、埼玉・飯能に登場した「ムーミンバレーパーク」は、既存の人気テーマパークのようなアトラクションの充実度を期待していくとがっかりします。しかし、トーベ・ヤンソンの原作に親しんでいる人にとっては、たまらない空間となっている。

狙うべきは、明確な「あなた」なのだと、あらためて感じましたね。その「あなた」をきちんと見いだせているかどうかが、ヒットを創出できるかどうかの分かれ道と言ってもいいと、私は考えます。

今回取り上げるのは、1本のナイフです。値段は決して安くありません。1万5120円(税込み)もしますから、並みの刃物より相当に値が張ります。

ところがこのナイフ、2017年と18年の2度にわたってクラウドファンディングサイトで公開すると、合計約1300万円も集まりました。今やクラウドファンディングの公開案件は驚くほど多岐にわたりますが、1000万円を超えるものはほとんどありません。この獲得額は相当なレアケースであると断言できます。

そして2018年に一般発売するや否や、生産が間に合わないほどの品薄状態続き。もう一度言いますが、価格は1万5120円です。

いったいどういうナイフだというのか。そのうたい文句を聞けば、「ああそういうことか」と感じる人もいらっしゃるでしょう。

これ、「魚をさばいたことのない人や、なかなかうまく魚をさばけない人でも、簡単にさばける」と言い切っているナイフなのです。その名を「サカナイフ」と言います。開発したのは、富山県射水市のTAPPという中小企業です。

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo