TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.06.28

Vol.46 「伝える」を意識する

mori_banner
2019年7月号

201907_hata_01
黒崎屋
「黒崎屋」の前身は鮮魚店。富山市郊外のスーパーマーケットのテナントでありながら、料理人が足しげく通う実力派の魚屋だった。2019年3月、その近隣に独立した店舗を構え、移転オープン。鮮魚のみならず、肉、野菜、加工食品を扱う小売店へと姿を変えた。
富山県富山市寺島1456
http://www.kurosakiya.co.jp/

高級魚のノドグロも安い。そしてうまい

高級魚のノドグロも安い。そしてうまい

経営リソースの適切な配分

長野県の八ヶ岳で新規就農して事業を成功させている直販農家がいます。200件もの契約を保持し(それ以上は断っているそう)、売上高利益率は50%前後という農家。

その彼が、興味深い話をしてくれました。

「既存の農家は、経営リソースを『つくること』に集中させ過ぎている。『売ること』にも意識を向けないといけない」

念のため言いますと、この農家が成功している第一の理由は、野菜の味が良いことだと私は分析しています。つまり、売ることにかまけて、野菜作りをおろそかにしているわけではない。むしろ、その逆です。土壌のこと、作物のことを相当に研究しているのです。その上で、いかに自ら作る野菜の魅力を伝えるかに注力している。

顧客管理や、手書きのレター送付などに工夫を凝らすだけでなく、直送する野菜の品種も、契約する家庭別にき細かく選んでいます。家族構成や食材への詳しさなどを分析して、それぞれの家に、別の野菜を送っているそうです。それって相当な手間なはず。

もう「いいものを作りさえすれば、消費者は振り向く」と構えていればいい時代ではないということかと思います。

で、今回の話は農家、ではなくて、一軒の小売店がテーマです。

地域の食材(魚、肉、野菜、加工食品など)の実力に光を当てて、漁師や農家、6次産品の生産者に「自らが携わる商品を売る」ことを意識してもらう舞台を提供し、ひいては「商品のお披露目の場として活用し続けてほしい」と位置付ける、そんな小売店です。

オープン直後の店舗を取材してきました。ご報告しますね。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo