TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.03.29

Vol.43 一度成功した、その後に

mori_banner
2019年4月号

トマトジュースが大ヒットした農園
2007年、三重県紀北町で設立された農園。トマトやイチゴなどを育てるだけでなく、加工品の企画・生産・販売までも一気通貫で手掛ける、6次産業型のビジネスを展開。2015年に発売した「デアルケ200%トマトジュース」は数カ月から1年待ちとなるほどの大ヒット商品となった。次に目指すのは、ホオズキの栽培、そしてホオズキを原材料とした「世界初のホオズキワイン」の開発。
デアルケ 三重県北牟婁郡紀北町東長島347-4
http://www.dealke.com/

スーパードライの教訓

最初にちょっとだけお話ししたいのは、アサヒビール「スーパードライ」の逸話です。

「えっ、中小企業をテーマにしたこの連載で大手企業の話をするの?」と読者の方は思われるかもしれませんが、少しだけお付き合いください。

スーパードライは1987年に発売され、登場後、瞬く間に大ヒット。「ドライ旋風」を巻き起こし、業界のシェア図すら大きく変えるほどに成功した商品です。そして今もなお、超売れ筋商品として存在感を保持しています。

でも、このスーパードライ、いっときは売れ行きを鈍らせているのです。それは1990年代の半ばのことでした。バブルがはじけた後の不況下で、低価格の発泡酒がヒットを飛ばし、さらにはキリンビールの「一番搾り」が勢いを伸ばしていました。

危機感を覚えたアサヒビールは、スーパードライのリニューアルを急いで検討し始めます。味を変えるのか、パッケージを変えるのか、それとも、と……。会議は紛糾極まったそうです。

そのような状況が続いた結果、スーパードライの商品担当責任者は、上層部の前で力説しました。

「一度成功したブランドが次に成すべきことは一つです」

そして言葉を重ねました。

「成すべきことは自らのブランド価値を信じること、それに尽きます」

浮き足立って、テコ入れを急いだり、リニューアルが必須だと動いたりするのではなくて、自分の商品の価値を再認識することが大事だというのですね。担当責任者の言葉に上層部は納得し、スーパードライは、大リニューアルに向かうのではなく、そもそもの持ち味であった「商品の鮮度」をあらためて訴求する策を取ります。そしてブランドとしての存在感をさらに高めることに成功しました。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo