TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2019.01.31

Vol.41 「高すぎる」という声は正しいか

mori_banner
2019年2月号

第1作は10日で完売

2014年12月。静かなスタートだったと粕谷氏は振り返ります。岩手、東京、京都、香川、博多のご当地雑煮を再現したセットをインターネットで限定販売しました。

5種類の雑煮を1つずつ詰め合わせて2000セットを販売したところ、10日で完売。反響は思いの外大きかった。2000セットということは、計1万個の雑煮を完売できたという話ですからね。

その後、アイテム(地域)を入れ替えたり、味を微調整したりしながら増産に入りました。

ただ、その後は1人で全てをこなすことに限界を感じたといいます。それはそうですね。商品開発から取引先の開拓まで、全てを担うのがどれだけ大変かは、想像に難くありません。

それともうひとつ。2014年の第1作こそ順調な滑り出しでしたが、その後の増産を期すために流通小売企業のバイヤーへ売り込みをかけたところ、芳しい反応が得られなかったのです。

バイヤーが口をそろえて言うのは、「値段が高すぎる」という指摘でした。1個で税抜き650円。これで1食分ですから、確かに高価格ではあります。しかし、粕谷氏にすれば、この価格は引けない一線でもありました。

ご当地雑煮と銘打つからには、味の再現性は極めて重要であると考え、だしの材料、具材の吟味、そしての形状にまでこだわったからです。地元の人が食べて納得できる水準にないと、商品販売の進展はおぼつかないと踏まえたということですね。

京都 白みそ雑煮

京都 白みそ雑煮

 

鳥取・米子 あずき雑煮

鳥取・米子 あずき雑煮

 

福島・会津 こづゆ雑煮

福島・会津 こづゆ雑煮

 

東京 江戸雑煮

東京 江戸雑煮

 

箱の中にはレトルトパックと餅。熱湯で温めるかレンジで加熱

箱の中にはレトルトパックと餅。熱湯で温めるかレンジで加熱

 

鹿児島 焼きえび雑煮

鹿児島 焼きえび雑煮

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo