TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.12.27

Vol.40 2019年、5つのキーワード

mori_banner
2019年1月号

201901_hata_01

「違和感」を大事に

新しい年の幕開けです。2019年の最初を飾る今回は、これからの商品づくりを巡るキーワードを5つ挙げたいと思います。

まず4つ、ざっとご説明しますね。1つ目は「違和感を見逃さないこと」。

以前(2018年6月号)、山口県長門市の「百姓の塩」についてつづりました。販売元である百姓庵を営むご夫妻が、創業して最初の年に塩を作っていて、まさに違和感に気付いた。春夏秋冬で塩の味も結晶の様子も違ったという話です。

百姓庵は、その違和感をそのまま放っておかず、思い切って四季ごとの塩を商品化しました。春塩、夏塩……というふうに。

そうしたら、話題が話題を呼んで、いまや増産を重ねているにもかかわらず、1カ月待ちの人気商品に。

商品づくりの成否を左右するのは、こうした違和感を拾う(あれ?どうしてこうなっているのだろう?という疑問を、疑問のままで放置しない)ところにある、と言ってもいい。多くの業界では、2020年の五輪イヤーに向けた商品開発を巡って、2019年はますます競争が激化していくでしょう。そうした中で、違和感への気付きは重要なファクターになるはず。

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo