TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.11.30

Vol.39 今あるものを生かし切る

mori_banner
2018年12月号

返礼品の競争が過熱

201812_hata_01

高知県 四万十市 西土佐
星空の街
環境省に「星空の街」と認定を受けた四万十市西土佐の空を、口径36cm反射望遠鏡「四万十スター」で眺める

 

201812_hata_02

天文台のすぐそばには、美しい四万十川が流れる(左)
星空を専門のアテンダントが解説してくれる(右)

ふるさと納税の返礼品競争が過熱している件が、問題化しています。

総務省は返礼品の調達価格が寄付額の3割以下で、かつ地場産品を活用するよう通知してきました。それでも、自治体の中には反応が鈍いところもあるようです。特産品などほとんどないから、ふるさと納税の寄付金競争に負けてしまう、と。

今回の話は、地方行政の話になることを、お許しください。

各地の足元にある宝物をどう生かすか、そのためにはどう動くべきか。それを考えてみたくて、このテーマを選びました。

取材に訪れたのは、高知県四万十市の西土佐です。合併前は西土佐村でした。高知空港から車で2時間以上かかる場所。四万十川が流れ、川に寄り添うように山並みが広がっています。

美しい景色がそこにある。とはいうものの、万人に分かりやすいような観光資源があるとまでは言えません。挙げるとするならば、きれいな満天の星くらいか。いや、この星空こそが真の宝物でしょう。

西土佐は、四万十市のふるさと納税返礼品として、この星空を提供しているのです。

それは、どういうことか。

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo