TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.10.31

Vol.38 コモディティー化に対抗する手立て

mori_banner
2018年11月号

「toumei 箔コースター」ができるまで

201811_hata_04

アルミの箔押しは手作業のため、1点ずつ、風合いが微妙に異なり、面白い

「そんなの、売れるか?」

いや、実は開発途上から発売直後までは、社内外から冷淡な声が上がっていたといいます。

「アクリルのコースターなんて売れるのか」と、反対意見もあったそうですし、実際に商品化した後も、「これ、アクリルなんでしょ?」とも言われたそうです。

アクリル素材の商品など、コモディティー化の最たる物だから、1枚800円を超えるコースターを作ったところで、消費者は振り向かないはず、という評価ですね。

でも、担当者に言わせれば、その考え方が本来は誤りらしい。

「アクリルって、もともと高級素材なんですよ」

コモディティー化の波にさらわれるような素材ではないというのです。確かに、このコースターの出来栄えを目の当たりにすれば、高級素材と言われても、納得できます。さらには、「このコースターのような、アート的アプローチを取る場合は、天然素材よりもアクリルの方が相性がいい」とも。

もし仮に、木などの天然素材を用いていたら、「逆にもっと安っぽく、ベタな感じのコースターになっていたと思います」と担当者は言い切ります。つまりは、同社の足元にある樹脂加工の技術を生かし切り、また、樹脂の特性をも存分に引き出したコースターに仕上げた。そこが成否を分けたのだろうと思いました。

「確かに、この商品を出した当時(2016年)アクリル素材というのは、ある意味で逆風だったかもしれません。陶器や木など、どこかほっこりとさせる素材が人気でしたから」それでも売れたのには、2つのポイントがあったと、私は感じました。

まず、商品のアプローチが明確だったこと(アクリルの再評価を促す)。そして、和の模様のデザインが見事だったこと(デザイナーが手描きで起こした線画の風合いを、忠実に再現した)。

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo