TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.10.31

Vol.38 コモディティー化に対抗する手立て

mori_banner
2018年11月号

ブランドを創出する

201811_hata_03

東京・御徒町にある「ものづくり」をテーマにした商業施設、
「2k540 AKI-OKA ARTISAN」に直営店があり、ここで実物を手に取ることができる

益基樹脂は、樹脂加工の技術を生かした、店舗ディスプレーや陳列什器の製作を得意としてきた企業です。ただ、5、6年前から「次の一歩を踏み出さないといけない」との思いに駆られたといいます。商品の単価は安くなり、しかも競争は激化の一途だからです。

同社は「toumei(トウメイ)」というオリジナルブランドを立ち上げました。長年の技術を生かして、消費者向けの生活雑貨の企画、製造、販売に乗り出したのです。

樹脂を使った箸置きなどを商品展開しているのですが、とりわけ私が注目したのは、アクリルで作られたコースターでした。グラスの下に敷く、円形のあれですね。

なぜか。コースターって、それこそいろんな素材の物があるじゃないですか。紙もあれば木もあります。つまり、天然素材のコースターが少なくない。それをわざわざ樹脂で作って、本当に消費者が受け入れるのか。

1 2 3 4 5
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo