TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.07.31

Vol.35 最初の「座組み」が決め手
北村 森

mori_banner
2018年8月号

これがアンテナショップ?

初夏のある夜のディナーコースから。生パスタにモンゴウイカ、ソースはフルーツトマト。コースは税込み5000円と8000円

初夏のある夜のディナーコースから。生パスタにモンゴウイカ、ソースはフルーツトマト。コースは税込み5000円と8000円

201808_hata_02
「TurnTable(ターンテーブル)」は徳島県と民間事業者の連携プロジェクトから生まれた、同県の情報発信と交流の拠点。“裏渋谷”と呼ばれる東京都神泉町に、2018年2月にオープン。レストラン、バル、県産品を販売するマルシェ、そして全15室の宿泊用客室からなる、いわゆるオーベルジュ形式の施設。5階建てのビル1棟を丸ごとリノベーションし、開業した。一般的なアンテナショップとはまったく異なり、「徳島」をあえて前面に打ち出していないところがミソ
東京都渋谷区神泉町10-3
http://www.turntable.jp/

東京・渋谷と言えば、日本を代表する繁華街の一つと表現して差し支えないかと思います。この渋谷から10分ちょっと歩いた辺りに神泉というエリアがあるのですが、いま、ここは”裏渋谷”とも称され、注目を集めています。

中心部から結構離れているので、あえて意識して行かないと決してたどり着かないゾーンなのですが、飲食系をはじめとした渋い店が立ち並んでいます。

その一角に、今回取材してきた「TurnTable(ターンテーブル)」があります。2018年2月のオープン。細い路地に面しているので、それこそ、ここを目掛けて向かう人でない限り、まず発見できないような場所です。

築20年を超える5階建てのビル1棟をリノベーションした施設で、1階がバル(酒場)とマルシェ(野菜などを売っています)、2階がレストラン、上の階には全15室の客室があって宿泊できます。

つまり、都心にありながら、ここはオーベルジュ(宿泊できる部屋を備えたレストラン)なのですね。客室は1フロア丸々使えるスイートルームのほか、シングル、ツイン、さらにはドミトリー(2段ベッドがいくつも並ぶ客室で、複数の客が同一空間で滞在する)もあるという構成。

東京のど真ん中にオーベルジュか、これは面白いなあ、というのが最初の感想なのですが、実は、この施設、驚くべき点はもっとほかのところにあります。

ここ、徳島県が造った施設なんです。施設名にも、看板にも「徳島」の名はないのですけれど、建物の中に入ると、少しずつ少しずつ、徳島を発見することができる。レストランでは同県の食材をふんだんに使っていますし、バルで注文できるクラフトビールも同県の実力派ブルワリーの限定物です。インテリアにあしらわれている木材も、聞けば徳島産だし、壁に目を凝らせば、徳島の街や草木が描かれています。あとは、意外なところに「tokushima」の文字があったりと、芸が細かい。

大々的に徳島と謳っていないだけで、ここで過ごすうちに、徳島をいくつも発見できる。そんな仕掛けになっているわけです。考えなしに滞在すると、単純に、料理がおいしく、小洒落れたインテリアのオーベルジュという印象なのですが、そこがまたうまいというか、心憎い。

ここ数年、全国各地の自治体が、東京にアンテナショップを開業しています。地方創生の流れに沿った施策なのでしょう。共通するのは、銀座や日本橋などの一等地に立地し、何気なく歩いている人の目に触れるようにしていること。それと、県名や県産品あるいは地域の名所などを、これでもかというほどに全面アピールしている点です。

201808_hata_03
3.エントランスの先にはバーカウンターがあり、その奥がテーブル席。1階は手軽に使えるバル
4.宿泊客向けのチェックインカウンター
5.レストランは2階。天然木のテーブルが目を引く
6.シェフはシドニー出身のジョーダン・マクラウド氏(右)。
 徳島の食材を中心に用い、シンプルで端正な料理を作り出す
7.初夏のディナーから。タイのカルパッチョには、みそやスダチの隠し味が
8.阿波牛にあしらうのはチミチュリのソース
9.県産の野菜を1階のマルシェで購入できる
10.茶や水産加工品などがマルシェに並ぶ

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo