TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.04.27

Vol.32 特別編 地方発ヒット商品番付
北村 森

mori_banner
2018年5月号

201805_hata_02

安いだけじゃダメ

今月号の「〈100年経営〉対談」で、タナベ経営社長の若松孝彦さんと対談しました。FCCREVIEW創刊号から、私は「旗を掲げる!」というこの連載原稿を毎号綴ってきました。対談では、なぜ旗を掲げることが必要なのか、私なりの考えをお伝えしています。

対談の中で、若松さんがこうおっしゃいました。

「地方発商品のヒット番付というのを作ってみたいんです」

それは確かに意義深い作業かもしれない。とても面白い試みになると感じました。

そこで今回、2008年~2017年の10年間を対象に、これまで私が行ってきた取材・研究をもとに番付を作成してみました。

どうして、この10年を範囲としたのか。2008年を思い出してください。リーマン・ショックによる影響で、ものの売れ方が大きく変化した年でした。大手小売りチェーンは安価なプライベートブランド商品を拡充、ファストファッションのH&Mが人気を集め始めたのも、この年でした。

ただ、1990年代前半のバブル崩壊直後の不況とは、消費者の志向がちょっと異なっていた印象があります。いくら景気が悪くても、ただ単に値段が安いだけでは売れない。安くて、しかも品質面に“びっくり”する点がなければ、人は振り向かなくなった。それだけ、消費者は成熟したのだと思います。

このあたりからですね。地方発の隠れた実力派商品に、多くの人が、より注目していったのは。

財布の中には必ずしもたくさんのお金は入っていない。入っていないからこそ、真剣に買い物をし、いいものを自ら発掘しようと動き始めた感があります。

結局のところ、余裕のない中で満足を得るには、商品選びの審美眼を磨くしかないわけです。さらにはSNSの浸透で、そうした自分の審美眼を周囲に自慢できる時代にもなった。

そうなると、消費者は「まだ見ぬ商品」を必死に求めるのですね。さらに言えば、地方の小さな企業も自社でネット通販サイトを構築しやすい環境となったのは、間違いなく追い風でした。

地方発の商品から、ここ10年間ヒットが出続けているのには、そうした背景があると思います。

201805_hata_01

ベンチャーウイスキー
『イチローズモルト』
(東・大関)

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo