TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

旗を掲げる! 地方企業の商機

「日経トレンディ」元編集長で商品ジャーナリストの北村森氏が、地方企業のヒット商品や、自治体の取り組みなどをご紹介します。
コラム2018.03.30

Vol.31 「実は日本一」を生かす手立て

mori_banner
2018年4月号

なぜ知られていないのか

例えば、天然のトラフグと言えば、どの産地を思い浮かべますか。山口でしょうか? 確かに下関のフグは名が通っていますね。でも、山口と競るほどに、愛知や静岡、三重でも、いいトラフグが揚がっています。これ、知らない人はまったく知らない事実ですよね。

では、栗はどうですか。栗を使った菓子としては、長野の小布施があまりに有名です。でも、栗の生産量は長野が一番ではありません。生産量でも産出量でも日本一なのは、実は茨城なんです。首位の座は長年続いています。

私も最近までそのことを知らず、自らをちょっと恥じました。聞けば、前述の小布施にも、茨城の栗は数多く出荷されているらしいのです。その意味でも、栗を巡る相当な実力県であることがうかがい知れます。

「茨城っていうのは、“原料供給元”なんですよね」。そう苦笑するのは、栗農家が多い旧・岩間町(現・笠間市)で栗の加工業に携わる、小田喜商店社長の小田喜保彦氏です。「栗だけじゃない。そばも野沢菜も、茨城ではたくさん生産されていますよ」

いわば縁の下の力持ちという存在として、茨城はいくつもの作物を地道に育て続けているのですね。

その実力は、それぞれの関連業界の間では、当然のことながら知れ渡っているものの、一般の消費者は必ずしもその事実に気付かない。長らく、そんな状態だった、というわけです。

それでいいのか――。1990年代に入って、小田喜氏も、地元の関係者も考えました。よそに出荷するのもいいけれど、栗の産地には産地らしい生き方があるのではないか、という思いが生じた、とのことですね。

そもそも、小田喜商店自体が、食品メーカーなどのプロ向けに栗の加工品をもっぱら供給する会社でした。そこから一念発起、消費者に直接訴えかける菓子を作ろうと決断しました。第1号商品は2004年に登場。さらに次の商品、また次の商品と、意欲的に動きました。

小田喜商店は創業およそ 60 年、地元産の栗の加工に従事してきた。ここ茨城県は、栗の生産量・産出額ともに日本一。 しかしながら、その事実を知る人は(とりわけ県外の人間は)とても少ない。その状況を打破せねばと、小田喜商店は、一般消費者向けの栗菓子の開発に力を入れている。写真は『いわまの栗菓子 ぎゅ』。9 片入りで、税込み 2063 円 茨城県笠間市吉岡 185 ? 1 http://www.kurihiko.com/

小田喜商店は創業およそ 60 年、地元産の栗の加工に従事してきた。ここ茨城県は、栗の生産量・産出額ともに日本一。
しかしながら、その事実を知る人は(とりわけ県外の人間は)とても少ない。その状況を打破せねばと、小田喜商店は、一般消費者向けの栗菓子の開発に力を入れている。写真は『いわまの栗菓子 ぎゅ』。9 片入りで、税込み 2063 円
?
茨城県笠間市吉岡 185 ? 1
http://www.kurihiko.com/

1 2 3 4
旗を掲げる! 地方企業の商機一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo