TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント

文化放送のアナウンサーを経てフリーに転身。テレビやラジオ番組の司会として幅広く活躍してきた梶原氏が、ビジネスシーンに役立つ会話のヒントをお届けします。
コラム2016.08.31

vol.12 目からウロコの敬語の力

shigeru_banner
2016年9月号

敬語の機能その3
事態の変化を伝える働き

「ほら、あんた聞いてんの!? どこに耳付いてんのよ!!」

「うるせーな、なんだよ……」

こんな風に、普段は「和やかなタメ語」で親しみの会話を交わしていた妻が、急に敬語で話しかけてきたら、夫婦関係に「深刻な事態が発生した!」と察知すべきです。

敬語は、平和だったわが家に、劇的な変化が直撃した証しです。

「あなた、ちょっとご相談したい件がございます」

「え? そんなに改まった言い方して……。なんか……ありました?」

「私、見てしまったんです、あなたの大切な方からのお手紙」

「ギエー!!」

「認知なさるとか、なさったとか?」

「誤解です! 違います!! 説明させてください、あの、実はですねえ……」

「結構でございます。私、里に帰らせていただきます! 後は弁護士さんにお任せしておりますので、では」

普段は使わない敬語が妻や夫から切り出されたら、これまでとはまるで違った事態が勃発したということです。

「仲良し夫婦」から「赤の他人」へと変化した事態の急変を、きちんとした敬語の会話が的確に伝えています。告げられた夫に、いまさら何ができるかは分かりませんが、妻に殴り掛かられないだけありがたいと思いつつ、善後策を思案すべきです。

1 2 3 4 5
梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo