TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント

文化放送のアナウンサーを経てフリーに転身。テレビやラジオ番組の司会として幅広く活躍してきた梶原氏が、ビジネスシーンに役立つ会話のヒントをお届けします。
コラム2016.03.31

vol.7 若者世代にどう接していますか?
梶原しげる

shigeru_banner
2016年4月号

4月、いよいよ新しい年度のスタート。採用したばかりの新入社員や、新しく昇格させた管理職の働きぶりも気になります。幹部の中から期待に応え、自分の後継者にふさわしい存在として頭角を現す人材は現れるのか? 期待と不安が入り乱れる季節です。

「経営者にとって期待と不安は4月に限らない!」

のんきな私は叱られそうです。経営者は社員の知らないところで「経営者ならではの悩み」を常に抱えているのですから。
 
 


経営者の悩み 
 
インターネットで「経営者 悩み」と検索すると、「こんなにも?」と驚くほどさまざまな悩みが目に飛び込んできます。

ちなみに、「経営者の悩みTOP5」(中小企業基盤整備機構調べ)には、売り上げやコストなどのお金の悩みとともに、後継者や幹部をどう育てたらいいのかという「人材の悩み」がありました。

若手の人材育成に苦慮する経営者の声はしばしば耳にします。「資金繰りと同じぐらい、いやそれ以上に後継者の育成や見極めは難しい」と嘆く経営者もたくさんいます。

特に、生まれながらに起業家としての能力(体力・気力・ビジネスセンス)に秀でた経営者ほど、若い社員たちを「自分とはマインドが違い過ぎて、何を考えているか理解不能だ」と感じる傾向にあるようです。

1 2 3 4
梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo