TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント

文化放送のアナウンサーを経てフリーに転身。テレビやラジオ番組の司会として幅広く活躍してきた梶原氏が、ビジネスシーンに役立つ会話のヒントをお届けします。
コラム2016.01.20

vol.5 「この人、誰だっけ?」を切り抜けるには
梶原しげる

shigeru_banner
2016年2月号

「この人、誰だっけ?」
以前会ったことがありそうな、なさそうな「微妙な相手」と鉢合わせたとき、その場をどうしのぎますか?

28057000239

「どこかでお会いしましたっけ?」。これは女性をナンパする男の常套句です。ビジネス相手には失礼な言い方ですね。

「初めまして!」は、この人とは初対面だと確信が持てるとき以外は、極めてリスキーです。

「え? 昨年の忘年会でお会いしたじゃないですか。ほら、Aさんたちと、例の原宿の中華屋で」

相手が、こんな風に冗談ぽく返してくれれば、まだ救いがあります。「Aさん」「原宿の中華屋」という、記憶喚起のキーワードを与えてもらえれば、その先の会話もつなげようがあるからです。

ところが相手が変に気を使い「こちらこそ初めまして」なんて感じでシャラっと言われたら、その後の展開がギクシャクしてしまう恐れがあります。

「この人、見たことありそうだ。相手もこちらをチラチラ見てる」

そんな空気を感じたら、にっこり笑顔で「どうも〜」と声を掛けてみたらどうでしょう。

それが勘違いで、単なる見ず知らずの人で「何この人?」と怪訝な顔をされるのは覚悟の上です。「知り合いを無視する」という、とんでもないリスクは、少なくとも避けることができるのですから。

1 2 3 4 5
梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo