TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント

文化放送のアナウンサーを経てフリーに転身。テレビやラジオ番組の司会として幅広く活躍してきた梶原氏が、ビジネスシーンに役立つ会話のヒントをお届けします。
コラム2018.06.29

vol.34 広がる「ICレコーダー」の用途

shigeru_banner
2018年7月号

ビジネスシーンの必須アイテム

ICレコーダーが世に出たのは1990年代ごろだったと記憶しています。チョコレートバー1つ分ほどの大きさで、それまでの会議収録用コンパクトカセットレコーダーに比べて持ち運びが楽。巻き戻しに時間がかかることもなく、録音した後、聴きたい箇所を瞬時に呼び出すことができ、音質も抜群。会議や講演会の録音などに便利なビジネスマン必携グッズとして大人気となりました。

現在でも、プレゼンの練習、就活面接練習、また接待を盛り上げるカラオケの歌唱力アップのためにも使われています。朝一番、その日やるべきことをメモ代わりに吹き込むという仕事熱心な友人もいました。


業界の方から、いまだに家電量販店の隠れたベストセラーだと伺いました。スマートフォンに録音機能があるのにあえて別にICレコーダーを買う理由は、使い勝手と録音クオリティーの高さからです。


私もテレビの横には必ずICレコーダーを置いておき、ニュースであろうと、ドラマであろうと、「これ面白い言葉だなあ」「こういう言い方があるんだ」「こういう流れで使われるんだ」と、新鮮な言葉を耳にするといつでもスイッチを入れられる状態にしています。


「ここ大事だ!」と思っても、ブルーレイレコーダーの録画機能を動かすにはちょっと時間がかかるから、まずはICレコーダーで音声だけとっておく、という習慣が続いています。

1 2 3 4
梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo