TCG REVIEW logo

100年先も一番に
選ばれる会社へ、「決断」を。
【コラム】

梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント

文化放送のアナウンサーを経てフリーに転身。テレビやラジオ番組の司会として幅広く活躍してきた梶原氏が、ビジネスシーンに役立つ会話のヒントをお届けします。
コラム2018.04.27

vol.32 “脱サラ”して分かった会社という居場所

shigeru_banner
2018年5月号

バブル崩壊のあのころ

ビジネス書コーナーで最近目立つのは“会社の辞め方完全マニュアル”的なタイトルの付いた「退職ハウツー本」です。「転職を有利にする円満退社のための10のポイント」という記事の中には、「転職準備を会社の仲間に知られないように注意する」という項目まであって、まさに手取り足取り。

この手の本を熱心に立ち読みしている人を見掛けますが、その時点で「上手な転職」に向いていないのではないか?と心配になります。

かつて「終身雇用・年功序列・企業組合」という日本的雇用の3本柱のおかげで気楽な稼業を満喫できた日本のサラリーマンも、ご存じのようにバブル崩壊のころからリストラ・成果主義・組合の組織力低下もあって「就職先に人生の全てをおまかせ」みたいなのんきな状況は許されなくなってしまいました。「サラリーマンよ自立せよ」「勇気あるものは会社を捨てよ」「厳しい時代だからこそチャレンジだ」的な言説がちまたにあふれたのもこのころでした。

幸か不幸か、私はそんな時代の真っただ中にサラリーマンから自営業者(局アナからフリー)への転身を決意しました。「あなたは昔から世間の風に乗せられやすいタイプだから注意して」と妻や一部友人から言われた記憶もありますが、聞く耳を持たなかったようです。

客観的にその時代を俯瞰できる今この時点から冷静に考えれば、「むちゃしたなあ」とも思いますが、世間知らずの40チョイ過ぎのおじさん(当時の私)は、「そんな時代だからこそ、脱サラ(懐かしい言葉…)でチャレンジだ!」と息巻いていたはずです。

1 2 3 4
梶原しげるのビジネスに効く!会話のヒント一覧へコラム一覧へ

関連記事Related article

TCG REVIEW logo